プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
今の波動(完)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

氷が溶けて水となり、水を固めてまた氷という形を作る、それだけを

行ったり来たりしているものをこれが輪廻転生。

で、この見える現象世界から幽界へと。幽界からまた見えるこの現象

世界へと。それを皆さんは輪廻転生と言っているではないでしょうか。

今生こそ我々は生死の、生まれたり死んだりのこの輪廻転生を今生こそ

我々は超越していかねばなりません。

それが皆さんの最高目的ではないでしょうか。

何のために。ただ生きているから生きている。ただ回りの者が食して

生きるから生きているという、我々は死人となって生きるためでは

ありません。

死人になってもならない、病人になってもならない、ぼんやり者に

なってもならない、常に我々は寝ても覚めても神我として自覚できた

本当の健康そのものとなってもらいたい。

死人とは命に生かされていながら命を見失っているもの、それを

すなわち死人。

病人とはただ悩み苦しんでいるときのみ神よ仏よ助けてくださいと

祈る病人。

ぼんやりものとはここであなたがたの本質は神であり、宇宙真理という

ならば、なるほど神がなければ一物も一点も存在することは出来ぬと

すべては神であったというけど、また家庭に帰り職場に帰り、我は人間で

あり、肉体であり、個人でありという偽我に振りまわされ生きるものを

これをぼんやりもの。

では健康なものとは寝ても覚めても、食事をする中にも、友達と語り

あう中にも、皆さんがどこに行くにも、神とともに我ありという

神との一体感、それは本当の健康なもの。

共に我々は真実なる宇宙真理を理解し、今生こそこの現象世界を徹底して

理解してこの無限という大海の中に目覚め生きてもらいたいと思います。

本当に今の破壊的な波動に満ちた今の波動に影響を受けぬあなた方で

あるためには我は真理なりという今のこの破壊的な波動を越えた

皆さん生き方であってもらいたい。

今のようにただそこに人間意識、肉体意識、個人意識で振りまわされ、

この世の波動に影響し合うあなた方であってはなりません。

ともに手を取り合って心ひとつにして足りないものは補い合って、

良いものは分かち合って、ともにその宇宙真理という本質の中に

融合していきたいと思います。

今日も皆さんと共に学べたことに心から感謝いたします。

どうもありがとうございました。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




スポンサーサイト
今の波動 | 【2006-11-13(Mon) 22:57:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(15)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

この世に迷うためではありません。

この世の物質に振りまわされて混乱し生きるためではありません。

一切のネガティブ、一切のこの物質というこの現象結果なるもの、

今生こそ我々は越えて生きていくためではないでしょうか。

皆さんに宇宙真理という真理を自覚、自覚とは自らに目覚めると

書きます。

自らが真理であることに目覚めることが、もう皆さん自身の

幾転生も幾転生もの旅を終わりにさせることが出来るではないで

しょうか。

世の中にはこういう人間がいっぱいいます。

もう二度と再びこの現象の世界に降りてくるもんかと。

毎日のようにテレビのニュースを見たり、新聞を読んだりする

ならば、親子同士で人間同士で兄弟同士で毎日のように殺し合い、

毎日のように傷付け合い、毎日のように奪い合ったり、もうこの

現象の世界に二度と再び降りてくるもんかと。

そういうお客さんはいっぱいいます。

じゃあ、そうあるためには今生こそすべてを正しく我々は正しい

答えですべてを克服することほかにないではないでしょうか。

如何なる試練や宿題を与えられてもありとして正しく皆さん自身が

すべてをこなし生きるあなた方。

如何なる演技を与えてもすべてを皆さん自身が正しい姿勢で演技

終えれるあなた方でない限り、どうして卒業して帰ることが

出来ましょうか。

だからいつも言います。

60何憶の人間から名を知られちやほやされても、万物の造り

主である神にあなたの一転生は素晴らしかったと、どんな演技を

与えても常に愛として正しい姿勢ですべてをこなしくれたでは

ないのかと、演技終えたのではないのかと。

あるいは試練や宿題を与えても常に正しい姿勢で乗り越えたあなた。

もう二度と再びあなたに与える宿題もない、試練もない、演技を

こなす必要もないと言われれば、その時こそ我が完成ではない

でしょうか。

その時、神は皆さんに何と言いましょうか。

いつもわが右元に座って無限の喜びと至福を味わい生きよと

言われれば、これ完成。

しかし、60何憶の人間から名を知られちやほやされても、万物の

造り主である神からそう言われなければ、何回も何回も我々は

この世界を体験することほかにありません。

すべてを乗り越えていけるまで、何万回も何万回も繰り返し繰り返し

この現象世界を学びに来ること他にないんだと。

これを皆さんは輪廻転生と言っているではないでしょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-11-10(Fri) 23:07:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(14)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

だから、皆さんの目的は解脱であって、この現象の世界に縛られ

自縛するための目的ではありません。

自らが神であることを自覚したときに、皆さんはすべてのすべて

あってあるものから解放されていくではないでしょうか。

今のように物に縛られ、様々なものに執着し縛られ、これを自縛、

自縛とは自らを縛ると書きます。

誰彼もあなたを縛っておりません。

自ら縛っているが故に自縛。

自ら縛ると書きます。

では自ら縛った自縛は己自身が責任持ってそれから皆さんが解放

されていくことであって、誰彼があなた方をという意味ではない

ではないでしょうか。

遊び疲れたものよ、我が元へ来なさい。

宇宙真理というその正しい答えで、すべての自縛からあなた方を

解放させてあげましょうと。

神は常に皆さんに訴えていること。

誰彼があなたがたを自縛から解放させることではありません。

誰彼があなたがたを解脱に至らしめることではありません。

それは皆さん自身の忍耐と意志と努力で持って、皆さんこなして

いかねばなりません。

心を尽くし、精神を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、汝の主で

ある神を愛せよと。

そのために皆さん自身が今日の一瞬一瞬が与えられていることで

あることを皆さん自身がはっきりとつかんでもらいたい。

むなしい一転生を終えていくための皆さんの目的と言いましょうか。

この世は無常世界。

どんなにもがいてもあがいてもこの現象という結果の世界は永遠の

世界ではありません。

皆さんの今纏っているこの肉体という衣装もそれも永遠のものでは

ありません。

一転生という人生60年、80年、100年という皆さん自身が

無限という大海の中に融合しいくまでに纏った肉体物質であることを

知ってもらいたい。

仮の衣装であることを知ってもらいたい。

だからこの世は仮の宿。

あなた方が纏っているこの肉体という衣装は、仮の衣装。

なるが故に、我々はいつかは誰しもが遅かれ早かれ、この世という

仮の宿からチェックアウト。

仮の姿であるこの肉体、仮の衣装であるこの肉体、誰しもが脱ぎ捨て

ていかねばなりません。

永遠に同じ肉体という衣装を纏った人間なんて世に一人もおりません。

仮の衣装はいつかは神に返さなければなりません。

仮の宿であるこの世はいつかは神に返さねばなりません。

永遠にそれを持ちとおすことが出来るでしょうか。

永遠にこの肉体という衣装を纏うことが出来るでしょうか。

だから生まれたものには死が訪れ、初めあるものには終わりがあり、

作られしものには必ず破壊が訪れ来ること。

それを我々は無限という宇宙真理ですべてのすべてを皆さんが

超越できたあなた方。

解脱に至ったあなた方であることが今生最高目的ではないでしょうか。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-11-08(Wed) 23:41:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(13)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

今の一瞬一瞬我々が常に愛の伝導体であることがこれ肉体存在の

最高目的であること。

無限の愛です。

無限の真理です。

無限の神です。

ならば我々は神の伝導体であって決して肉我の伝導体では

ありません。

肉体そのものは言葉を通して思いを通して表現を通して絶対愛を

放つための目的であること。

動物は本性として鉱物は親和力として花々や木々としては本質として、

その神の大愛を表現しているではないでしょうか。

しかし、万物の霊長たる我々は、思いを通して言葉を通して行為を

通して常に無限の愛の波動を放ち生きることが出来るが故に、

万物の霊長と皆さんは神によって創造され生かされているでは

ないでしょうか。

決して皆さんの目的は悩んだり苦しんだり不調和で生きるため

ではありません。

常に光に満たされ、常に愛生きるために、皆さんの肉体存在の

目的であること。

今の世の中、肉体存在の目的を狂わしている人間の何て多いことか。

あたかも肉の快楽をむさぶるために肉体存在の目的だ、おいしい

酒に酔いしれるために、おいしい食事のためにいつも振りまわされる

ために、大きく肉体存在の目的を人生の目的を狂わしているでは

ないでしょうか。

だから今の子供たちに人生の目的を理解してもらいたい。

昨日も中学校か高校かの女の子が将来の目的、希望なんて何にも

分からない、何にもないというではないでしょうか。

果たして神は目的がない状態で皆さんをここに創造して生かした

と言いましょうか。

動物を創造したならば動物に対する目的、鉱物を創造したならば

鉱物に対する目的、植物を創造したならば植物に対するその目的を

すべて与えて神は生かしていることを知ってもらいたい。

無価値な人生なんてこの世に一人もおりません。

ただ、自分自身が人の目的を見出していないだけ、見失っているだけに

しかすぎぬことではないでしょうか。

そのために我々は人生とは人、生かされているというのは、何のためにと。

不死不滅永遠の宇宙真理へ目覚め生きるためではないでしょうか。

今生こそ生死という輪廻の鎖を断ち切るための目的ではないでしょうか。

何万年の転生させられた法則、今ここに解けたり。

幾転生という人生の過程を通して背負ってきた罪も業もカルマも、

その鎖をすべてを断ち切っていかねばなりません。

愛という力で、愛という知恵で、愛という光で、それは宇宙真理

、真理そのものは、すべてからあなた方を解放させることが出来る

ではないでしょうか。

それを解脱というではないでしょうか。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-11-06(Mon) 23:10:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(12)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

神を知らぬが故に神を説くならば、そういう方向に走ること他に

ないではないでしょうか。

神は唯一の神、唯一の神が万物を創造し、万物の中に唯一の神が

生き働いているならば、じゃあ、すべてのすべてあってあるものは、

神そのものであって、決して一物、一点神でないものが、この大宇宙

に存在せぬことを知ってもらいたい。

大宇宙そのものの大いなる生命がこれが宇宙真理、神ではないで

しょうか。

それが仏ではないでしょうか。

だから皆さんは今から難行苦行して神、仏になるんでもない。

で、滝行して、断食して、神、仏になるんでもない。

汝、既に神なり、汝、既に仏なり。

皆さん自身の本質であり、我の本質、ならば我々は全一体では

ないでしょうか。

我は全体であり、全体は我なり。

我はすべてであり、すべては我なり。

一命一体であって、私という命、分離して生きているものなんて

一人もいないこと。

我はすべてなり、我は全体なり。

じゃあ、一人とて私という命から分離して生きたものは一人も

いない、一物もいない。

ならば、大いなる我のみが実在と言えるではないでしょうか。

あなたがたのその意識状態を確立してみてください。

大いなる我のみの実在と断言して言いきることでしょう。

そこに悩んだり苦しんだり不調和である分離した何彼がそこに存在

しているんではないことを知るでしょう。

分離、差別で生きる限り、どうしてこの世の中に平和なんて

ありえましょうか。

今の天変地異や様々な天候異変、それを越えることが出来ましょうか。

一人一人が愛の伝導体で生きてもらいたい。

伝導とは黒い聖書を持ち歩いてどこの家庭へ行く必要もあり

ません。

今いる場所で、今与えられている場で、皆さんが常に愛という

愛の波動を放って、言葉で語るなら言葉において愛の波動、思いを

持つならば思いで愛の波動、行動で皆さんが愛の波動を放ち生きて

いるならば、これが愛の伝導体。

あえてどこに行って何を為す必要もありません。

今いる場所で今置かれている環境で常に皆さんから放つ波動が愛で

あるならば、これこそ愛の伝導体と言えるではないでしょうか。

黒い聖書を持ち歩いてどこそこに皆さんはあえて走りまわる必要

もありません。

どんなに黒い聖書を持ち歩いてもその心がその意識状態がネガティブ、

消極、破壊に満たされての思いならば、何の価値もない。

ただ自らが歩んだ分だけ、汚して歩いていること他にないことを

知ってもらいたい。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-11-05(Sun) 08:19:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(11)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

じゃあ、朝に昼に晩に教会を訪ねる度にイエス様のみが神の一人子、

あなた方は罪人よ罪人よと教えられて見てください。

いつ、我々は罪からの解放がなされましょうか。

ないものを解くことを出来ましょうか。

だから、ないものを解いてどうしてどうして真実に導くことが

出来ましょうか。

ない病気、ない悩み、ない苦しみ、ない不調和なるもの、どうして

解けましょうか。

実在ならば解けましょう。

どうして、ないものを解くならば嘘つきというほかにないではない

でしょうか。

汝、嘘つくなかれ。

病気もないにもかかわらず病気だ、悩み、苦しみ、実在していない

にもかかわらずあるんだというならば、それは嘘をついている

こと他にありません。

だから、私は輪廻転生、転生輪廻は実在ではないんだと。

あなた方がただ錯覚をして、あるようにあなた方が作り上げて、

あたかもそれに支配されていること他にないと言うではないで

しょうか。

何万年の転生させられた法則、今ここに解けたり。

幾転生という人生の過程を通して背負ってきた業も罪もカルマも

実在ではないんだと。

完全のみが実在。

だからこそ、皆さんは明想という手段を通して神が完全であるが

如く我完全なりという完全意識を皆さんに常に意識してもらいたい。

偽我という肉体の自分から真我という真実の我へと我々は目覚め

生きるために何万回も何万回もこの現象世界を卒業し帰りいくまで

繰り返しいかねばなりません。

我は霊なり。

また霊といえば、水子の霊、祟りの霊、地縛霊、悪霊、迷った霊と

教え説く霊能者。

霊は宇宙真理ではないでしょうか。

霊は神ではないでしょうか。

だから神霊、霊は神なり、神は霊なり。

それが実在であって、決して皆さんに一点災いを及ぼしている霊

なんてないことを知ってもらいたい。

霊は常に皆さんを通して、無限の知恵、無限の力、無限の愛を光を

生きてもらいたい。

その本質そのものが霊であって、決して皆さんに祟ったり、迷わしたり

苦しみ生かす霊は存在しない。

今までの霊能者は真の霊能者と言えましょうか。

本当の霊能者は霊の能力を持った者と書いて、それは霊は愛、

霊は知恵、霊は力、霊は光として現し示して生きているものこそが、

本当の霊能者。

では誤った霊を説いて、本当の霊能者なんていないではないでしょうか。

で、宗教家もその通り。

真の神を説いて本当の宗教であり、喜び、安らぎに導いてこそ

本当の宗教であって、教祖やその取り巻きが優雅な生活をするための

宗教であってはならぬと。

真の宗教であるならば、悩めるもの、苦しきもの、気の毒なものたちに

無所得無条件に愛の手を差し伸べて、生きる喜び、生きる幸せ、

生きる幸福を与えてこそ、本当の宗教であって、ただ自分が優雅な

生活をしたいために、高級車を乗りまわしたいために、同じ兄弟姉妹を

振りまわして金を奪って、何の宗教と言えましょうか。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-11-03(Fri) 22:52:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(10)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

外、外、外に青い鳥を求めても外から青い鳥を見出すことは

出来なかった。

とうとう探し疲れて探しあぐねて我が内に見つめたときに、

青い鳥は手よりも足よりも初めから我が内に内在していたではない

のかと。

そこにすべては到達していくではないでしょうか。

真理を我が内に見出した聖人がどこそこに行って拝めとか、どこ

そこに行って求めよとは一言も語っておりません。

明想せよと、内観せよと。

深く深くこの現象という結果に沈黙をならしめて皆さんが潜った

ときに、そこに真珠という宝物を見出すことが出来ると言っている

ではないでしょうか。

だから真珠という宝物を見つけることが出来なかったという

ならば、皆さんの潜り方が遅い、皆さんの泳ぎ方が悪い、

と言っていることを知ってもらいたい。

だから深く深く皆さん自身がこの現象という結果の世界を越えた

状態に皆さん自身が達したときに、そこに神は皆さんに真の似姿を

映し見せてくれるだろうと。

すべてのすべてあってあるものは、神の仮の姿にしか過ぎません。

神の仮の姿であるその現象に振りまわされ、混乱し生きる我々

となってはなりません。

だから我は真理なりと生きるか、我肉体なりと生きるかに、天と

地の差があるではないでしょうか。

我は真理なりは悟り、我は肉体なりは迷い。

ならば、今日も一日、迷ったか、悟ったかは皆さん自身がどこを

己として意識したのか、この見える結果に肉体を我として皆さんが

意識されたのか、我は真理なり、我は神なりという意識状態で

今日皆さん自身が生きてこられたか、その差ではないでしょうか。

神は人の上に人を作らず、神は人の下に人を作らず、全く平等に

すべてのすべてあってあるものに同一なるその宇宙真理が神として

内在していることであって、特別な人間を作った、特別な人間に

特別な能力を与えられてはおりません。

イエス様も私肉体自らは無なり、肉体自らはゼロなり、肉体自ら

には一点の知恵も力も存在しているんではないんだと。

しかし、我が中には全知全能なる神が真我キリストとして内在

していることを知り理解しているが故に、私には天上天下一切の

支配する力が与えられている者であると。

あなた方も我が内に真我キリストを理解することが出来るのならば、

あなた方が私以上の御業を成していくだろうと。

私は特別な人間だとは一言も説いておりません。

イエス様は我神なりと理解したが故に、私は神の一人子。

あなた方も我神なりと理解すれば、あなた方一人一人が神の

一人子であって、私だけが神の一人子、あなた方は罪人とは

本人は一言も説いてないにもかかわらず、今の教会では神の

一人子はイエス様、あなた方は罪人、罪人と教えられているでは

ないでしょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-10-31(Tue) 23:00:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(9)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

だから、神は私に似せてあなた方を創造されたものと。

神の能力が即あなた方の能力。

ならば超えられぬ宿題なんて、皆さんが超越できない試練なんて

どこにも存在せぬという意味ではないでしょうか。

いかなる宿題、試練にも正面立ち向かってすべてを克服できる

力強いあなた方になってもらいたい。

どこに逃げ、どこに隠れ、逃げ隠れする場所はないことを知った

とき皆さんは正面立ち向かってすべてを克服するだろうと。

それが本当の勇士ではないでしょうか。

戦場で何千の敵を倒したところで、それは本当の勇士ではありま

せん。

幾転生という人生の過程を通して背負ってきた思い癖、悪習、

その一つ一つすべてを克服できたものが、本当の勇士であることを

知ってもらいたい。

いくつの城を攻め落としても何も勇者でもありません。

自らの偽我に打ち勝った者が、これが本当の勇士、本当の勇者では

ないでしょうか。

偽我に振り回されて混乱していること他にありません。

だから我々はこの偽りの我、偽我は偽りの我と書くではない

でしょうか。

偽物の我と書くではないでしょうか。

偽物の我を我として錯覚している限りは、悩み、苦しみ、不調和から

免れることはないという意味ではないでしょうか。

だからこそ皆さんに真理という本質を理解し、すべてのすべて一切を

超越したあなた方、真理は汝を自由ならしめん。

あるいはまた真理を知らぬが最大の罪であるといわれるように、

真理は初めから皆さんの内に内在であるが故に、真理は我が内に

あり、いまだかって人手に渡ったことはないと。

真理は我が内にあり。

真理を外に求むるなかれ。

真理を求めて全国全世界を旅したところで、仮相という結果世界から

真理を見出したものは一人もいないではないでしょうか。

とうとうどこに、とうとう我が内に入ってくるではないでしょうか。

それは皆さんが明想という手段を通して、私もヒマラヤが悟りの地と

錯覚していた当時、その意識で私がヒマラヤを訪ねた時に、迎えて

くれた聖人は、あなたは悟り得た聖者というものは鈍重な山に

住まねばならぬ規則があると思うのかと。

鈍重な山に真理を求めるよりもあなた自身の内に真理を求めた方

が手っ取り早く今生真理到達がなされていくだろうと。

そうアドバイスを受けたというではないでしょうか。

外に真理を求むるなかれ。

真理は我が内にあり。

いまだかって人手に渡ったことはないと。

如何なる聖書、聖典、仏典にもその真理を例えて神は、神は

我が内にあり、神はあなた方の内にあり、と訴えられているでは

ないでしょうか。

あるいはまた自灯明、法灯明、我が主とせよと。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-10-30(Mon) 21:13:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(8)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

私の喜びを皆さんに本当に味わってもらいたいと言います。

毎日が喜び、毎日が幸せ、毎日が至福。

皆さんと同じように私もこの現象という結果の世界からどこかに

私は肉体そこに置いているものではありません。

全く同じ環境、全く同じ状態で、じゃあ、なぜそこに悩み、苦しみ

不調和に支配されぬのかと。

この破壊的な今のネガティブな波動、越えた状態で常に自分自身、

意識をおいているのみではないでしょうか。

だから今の波動の影響を受けて混乱するか。

同じ条件の中にあってもそれを皆さん自身が超えた状態で生きれる

かは、皆さんの一瞬一瞬の意識次第と申します。

人間意識、肉体意識、個人意識ではありません。

我は神なり。神は我なり。

我と神とは常に一体なりというその意識状態の中に皆さん自ら

留めおくために、今、明想という明想で皆さん、努力されている

ではないでしょうか。

明想は決して何かの奇跡を求めての明想であってはなりません。

あくまでも自分の本質が神であることを実感するための明想で

あってもらいたい。

我は神なり。我は愛なり。我は真理なり。

全くイエス様が説いた、御釈迦様が説いたそのものではないで

しょうか。

宇宙即我(われ)、宇宙即我(が)。

この大宇宙に遍満する宇宙真理こそが真の我であったと。

父なる神と私とは一体であったと。

それは皆さん自身の中にも内在の神そのものを意味していること

ほかにありません。

それ以上、それ以下に皆さんの本質がどこかにと言いましょうか。

そのものではないでしょうか。

過去において神、今において神、未来永劫において、皆さんは神。

だからこそ、人という形を纏った神で、皆さん神人と書くでは

ないでしょうか。

それ以上でもそれ以下でも何者でもありません。

だからこそ、皆さんは無限の知恵、無限の力、無限の愛、光が

神我としてすべてを皆さんに与え生かされていることを。

超えられない宿題、乗り越えられない試練なんて、どこにも存在

せぬではないでしょうか。

ただ皆さん自身があたかもその試練、宿題が、もう皆さん自身が

超えられないほどの力を持って現れているという錯覚をしている

ことほかにありません。

すべての頂点に皆さん一途なあなた方があることを知ってもらいたい。

無限に遍満する宇宙真理は今、皆さんを通して、無限の知恵、

無限の力、無限の愛、光として働きたくて働きたくてと、そう

訴えているではないでしょうか。

錯覚から覚めよと。幻覚から覚めよと。錯覚、幻覚から覚めぬ限り

皆さんは真の己が神であることに到達することは出来ぬと言っている

ではないでしょうか。

いと小さき、弱きあなたがたと皆さん、錯覚してはなりません。

皆さんは無限の能力を与えられた全知全能の神そのものであること

を知ってもらいたい。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-10-29(Sun) 17:56:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今の波動(7)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

魚を欲しているものに決してへびを与えぬと。

神は皆さん自身が自由意志で求めるもののみを確実に与えて

下さったではないでしょうか。

じゃあ、その自由意志で持って悩みを苦しみを病を不調和を

作り上げてもがいているのは己の責任であって、誰彼の責任

ではないことを我々は理解していかねばなりません。

いつも言うようにあなたがたの人生は運命は、皆さん一人一人が

描いた図面にしかすぎぬと私は言うではないでしょうか。

では今日の図面の描きが悪ければ、明日は明後日は、皆さん

どういう運命、人生を背負っていかねばならぬのかと。

皆さん自身が描いた通りの図面を皆さんは歩みいくこと他に

ないではないでしょうか。

だから正しい図面を描いて正しく皆さん自身が一転生を終えて

いける最高人生を歩んでもらいたい。

最高目的に達してもらいたい。

皆さんの目的は無限という宇宙真理の中に到達が、最高目的では

ないでしょうか。

まだ今生も迷い、また幽界に迷い、また降りて迷い、また去って

迷い、その輪廻転生という鎖につながれるための目的と言いましょうか。

今生こそ我々は何万年の転生させられたこの法則、今ここに解けたり。

幾転生という人生の過程を通して背負ってきた業も罪もカルマも

すべては崩れ去ったりと。

そこまで我々は自らを高めいかねばなりません。

自我の我から神我の我へと。

低我の自分から高我の自分へと。

人間意識、肉体意識、個人意識の自分から神性意識、霊性意識、

仏性意識への自分へと。

変性、変生、これ、最高目的と申します。

そこに至って我々は、この現象という見える世界からの卒業して

帰りいくことを解脱と申します。

解脱が最高目的であって、だから、解脱は、偽物に支配されるとは

書きません。

偽物を脱ぎ捨て去ることを、この仮相という偽りから己を解放する

ことを、これを解脱と書くではないでしょうか。

いつまでもいつまでも偽物に迷わされてはなりません。

悩みや苦しみ、不調和、病が実在ならば、誰がそれを超越すること

が出来ましょうか。

皆さんが我は真理なりという境地に至ったその瞬間、今までの悩み、

苦しみ、不調和、一切のネガティブは、皆さんから消え去っていく

ではないでしょうか。

今までの悩み、苦しみ、悲しみを宇宙真理という本質ですべてを

喜びに変えることが出来ることを知ってもらいたい。

だからこそ、真理を知らぬが最大の罪であると。

真理を知らぬが故に迷い、苦しんでいること他にありません。

あるいは、悩み、苦しんでいること他にありません。

真理は汝を自由ならしめん。

真理を知ることにおいて、今までの悩み、苦しみ、悲しみ、一切を

喜びに変えることが出来るではないでしょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




今の波動 | 【2006-10-28(Sat) 12:56:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。