プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
八正道とは?
覚者の方々のご講話を自分自身の戒めとし、まとめてみました。

---------------------------------------------------

お釈迦様が説いた八正道とは、どのような意味なのでしょうか?

「正見・正思・正語・正行・正命・正精進・正念・正定」

とあります。

今の仏教徒は、八正道を正しく理解していると、

いえるのでしょうか?

また、今のキリスト教徒は、イエス様の教えを

正しく理解していると言えるのでしょうか?

お寺のお坊さんも教会の牧師さんも、真理を悟られて、

教えを説いている方は、一人もいません。

悟った人は、宗教を造りません。

悟った人は、宗教に属しません。

すべてが神であるのであれば、宗教を造る必要が

ないからです。

今の宗教は、わたしたちの兄弟姉妹の足かせと

なっているだけではないでしょうか?

盲信・狂信・偶像崇拝しているだけではないでしょうか?

正見とは、正しく見ること。

正しく見るとは、すべてが生命であると、見ることです。

正思とは、正しく思うこと。

正しく思うとは、すべてが神であると、思うことです。

正語とは、正しく語ること。

正しく語るとは、生命より語ることなのです。

汝、嘘つくなかれ。

わたしは、うそはつきませんよと皆さん方は、

いうかもしれませんが、この世のほとんどの人が、

嘘つきです。

自分が個人・肉体・人間と思っているのなら、

嘘つきです。

嘘をついています。

毎日、皆さん方は、嘘をついて、生きているのです。

生命である事実は否定できないのに、

わたしは、個人です、肉体です、人間です。

とほとんどの人が言っているのです。

それは、正しく見ているのでしょうか?

それは、正しく思っているのでしょうか?

それは、正しい行動なのでしょうか?

自我の行為は、無に等しいのです。

自我で皆さん方が、何をやっても価値あるものでは、

ありません。

いくら、ボランティアをしようとも、平和運動を

しようとも、全く価値あるものではありません。

お釈迦様は、このことを強烈に次の言葉で

表現しました。

「3000名に飯を盛るよりも、5分間、霊性、神性

でいなさい。」と。

5分間でも、我神なり、我霊なり、我愛なりと思うだけで、

皆さん方は、地球に貢献していることになるのです。

光を、愛の波動を、地球全体に放つことになるのです。

自我の行為では、地球に貢献することはできないのです。

光を放ちなさい。

それは、正しく見ること、正しく思うこと、正しく行動することに

よってできることなのです。

みなさんがたは、いくら、お経を唱えても、真我に目覚めることは

ありません。

お経を唱えて、成仏、昇天した人は、いまだかつていないことを

理解する必要があります。

戒名して、成仏したとか、なんていう誤った、間違ったことを

われわれはしているのでしょうか?

皆さん方一人一人が、そのような愚かな考えを捨て、

本来の自分に目覚め、愛ある地球にしようではありませんか?

この素晴らしい地球を、この素晴らしい学びの場を

この素晴らしい愛の具現の場を失ってはいけません。

今、地球は非常にバランスを調和をくずしています。

このくずれた状態を救うには、皆さん方一人一人が

正しく見ることによって、正しく思うことによって、

光を、愛を、放つことによってしかできないのでは、

ないでしょうか?

神の具現の場、愛を表現する場所、この素晴らしい、

美しい地球を失うのではなく、立て直し、

愛ある聖なる光の星にしていくために、

立ち上がろうではありませんか?

目覚めようではありませんか?

愛ある光を放つ地球にしていくためにも、

皆さん方一人一人が、嘘をつくのではなく、

お釈迦様の八正道を正しく理解し、愛の実践を

していただきたい。

みなさんに望むことは、ただひとつ、

愛することなのです。

あれがこうだ、これはこうだとか、今一人一人の悩み事を

言っているとき、聞いているときではないのです。

ただ、愛することだけなのです。

ただ、調和することだけなのです。

皆さん方に必要なのは、愛、愛、愛、愛だけだということを

ご理解して頂き、この話を終わりにさせて頂きます。

--------------------------------------------

感謝

スポンサーサイト
未分類 | 【2006-02-07(Tue) 18:31:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
キリスト誕生
覚者の方々のご講話を自分自身の戒めとし、まとめました。

---------------------------------------

皆さん方は、この肉体が生まれた、お母さんのお腹から、

出てきた、地上に誕生した日、誕生日のお祝いを

します。

この仮相である肉体の誕生日を祝うことは、

忘れずにするのに、真の誕生日、真の自分は、

生命であり、霊であり、神であったということを

悟ったときこそ、真の誕生日であるのに、

真の誕生日のお祝いは、いつするというのでしょうか?

また、毎年、12月になれば、25日がイエス・キリストの

誕生日といって、世界中でお祭り騒ぎ。

イエス様の誕生日をお祝いするのに、皆様方の真の誕生日の

お祝いはしないのでしょうか?

皆さん方が、真の自分に目覚め、わたしは肉体でもない、

人間でもない、個人でもない、物質でもない、

我、宇宙に偏満する大霊なりという意識に到達したときこそ、

キリスト真我、キリストの誕生ではないでしょうか?

仏陀の誕生ではないでしょうか?

皆さん方一人一人が、キリストであり、仏陀なのです。

イエス様だけがキリストではありません。

お釈迦様だけが仏陀ではありません。

皆さん方のキリスト誕生を祝おうではありませんか?

この肉体が生まれた日ではなく、真の我に目覚めた日こそが、

真の誕生日、キリストの誕生日なのです。

キリスト誕生、皆様方が、イエス様や聖者の方々の姿、声が

見えない、聞こえないのは、愛の意識、神の意識、波長が

合わないという、ただひとつの理由です。

わたしは、何十年も、今日一日、私の放つ言葉で、

誰かを傷つけはしなかったか、また、私の思いで、

誰彼を批判・避難することはなかったか、

また、私の行動によって、誰彼に嫌な思いをさせなかったか、

一日一日、徹底的に言葉・思い・行動を管理します。

コントロールします。

愛にて生きよ、幸せに生きるには、愛にて生きる以外に

ないのです。

愛にて生きること、誰とも不調和を起こさないことによってのみ、

皆さん方は、平安の心をつくることができるのです。

わたしは、誰彼に避難・批判されようが、

悪口を言われようが、罵られようが、

わたしの心は、平安そのものです。

誰彼によって、わたしは不幸せです、誰彼がこのようなことを

するから、わたしは悩んでいます。

というようなことは絶対ありません。

まず、皆さん方は、自分自身の心を磨き上げる必要が

あるのではないでしょうか?

この世のダイヤ、宝石は、磨くけども、磨いても磨いても、

必ずや限界が生じましょう。

ただ、本物のダイヤ、宝石である、皆さん方の心・ハートは、

磨いて磨いて、限界がありましょうか?

磨けば磨くほど、綺麗になり、無限に広がるダイヤでは

ないでしょうか?

わたしは、小学生の子供であろうとも、おまえのここが悪い

と言われれば、その子供に感謝をし、徹底的に、わたしの

悪い心を直す努力をいたします。

その子供によく言ってくれた、それにより、わたしは、

また心をハートを磨くことが出来る、このうえない

喜びを感じます。

そうして、毎日、毎日、無限なる我にとどまるよう

努力しているのです。

よく、あの人は口は悪いけど、人はいいんだよね。

というような話を聞きますが、口が悪い人が心がきれいな

わけはありません。

心が綺麗なら、言葉も綺麗でしょう。

そのように、言葉は言いたい放題、思いも思い放題、

行動もやりたい放題と、みなさん、自分自身、好き放題

やっていてはいけません。

まず、思いで誰かを批判していないか、言葉で傷つけていないか、

行動で誰かを苦しめていないか、徹底的に管理する必要が

あります。

あなたのハートを心を、磨いて磨いて、完全なる調和の世界を

見たときこそ、キリストの誕生です。

一日も早く、皆さん方のキリスト誕生をお祝いする日が来る日を

楽しみにしております。

今生こそは、多くのキリストが誕生されんことを、

お祈りしたいと思います。

------------------------------

感謝



未分類 | 【2006-02-07(Tue) 00:25:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。