プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
光の戦士たちよ
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の方々のご講話をまとめてみました。

---------------------------------------------------
(指導霊の方々より)

ここに集まる光の戦士たちよ。

ここに集う愛の戦士たちよ。

今、神の表現体として、愛の表現体として、我々の兄弟姉妹の

お手本となれるよう、愛を示すときです。

皆さん方は、本物と偽物の区別、識別がもうできている

偉大な魂です。

あと、もう少しです。前だけを見て、この中から、

落伍するもの無く、手を取り合って、歩みなさい。

わたしたちもあなたがたと同じように、転んでも転んでも

立ち上がり、何度もくじけそうになったが、神への思いを

忘れず、ようやく、自己解放をしたものたちなのです。

誰も平坦な道を歩んではいません。

誰も楽に、道を歩めたものはいません。

誰もが厳しい道を歩んでいます。

イエス様やお釈迦様は、あなたがた以上に厳しい道を

歩まれました。

歯を食いしばり、拳を握りしめ、前だけを見て、歩んできた

ものたちなのです。

ですから、皆さん方が、厳しい道を歩んでいることは、

わたしたちは、よく分かっています。

痛いほど、その気持ちが分かります。

苦しいとき、挫けそうになったときは、わたしたちの

ことを心に強く、思い浮かべなさい。

転びそうになったとき、道を外れそうになったときは、

わたしたちのことを、強く意識しなさい。

わたしたちが、手を差し伸べよう。

わたしたちが、サポートしてあげよう。

みなさんがたは、決して一人ではありません。

みなさんがたは、決して孤独ではありません。

みなさんがたを指導する目に見えない存在がいることを、

みなさんがたをどれだけ愛してやまない、目に見えない存在が

いるということを、忘れないでいて欲しい。

わたしたちは、あなたがたを最大限に愛します。

わたしたちは、あなたがたに最大限の愛を送ります。

愛おしくて愛おしくて、早く天に帰って欲しくて、

たまらないものたちなのです。

皆さん方と、共に晩餐する日を楽しみにしているものたちなのです。

皆さん方、2000年前を思い出して欲しい。

イエス様の時代、真理を説きに、愛を説きに、この地上界へと

舞い降りたイエス様が、どれだけ、この世の人々から、迫害を

受けたか?

どれだけ、人々から、罵られ、非難・批判されたか、皆さん方が

想像もつかないほどの迫害だったのです。

それでも、自分を十字架にかけようとするものたちにさえも、

「おー、神よ。このものたちを許したまえ。このものたちは、

神を知らぬが故、あなたのことを知らぬが故に、このような

ことをするのです。」

とそのものたちを許し、祈りを捧げたのです。

自分を殺そうとするものにさえも、祈りを捧げたのです。

それに比べれば、今の時代は、とても学びやすい環境にあります。

みなさんがたが、このような話をしても、殺されるという環境

ではないのです。

わたしたちは、このものを、みなさんが真の我に、天に帰るよう、

真理の道を伝えるようにと、送ったのです。

イエスの時代から、2000年経ち、あなたがた人類が、確実に、

霊的成長をつげているものと確信して、自らかってでて参ったもの

なのです。

このものも、色々な試しにも、転んでも転んでも、立ち直り、

ここまでやってきたものなのです。

神の永遠の泉がここから湧き出ると言われれば、掘って掘って、

何ヶ月も掘って掘って、掘りまくりました。

それでも、何も出てこなかった。

周囲から、気違い扱いされようとも、

「いや、わたしは神を信じているんだ。これは、何かの手違いだ。」

と言って、神を疑うことをしませんでした。

そのとき、大勢の人がいましたが、神を利己的に考えていたもの、

自己欲のために考えていたもの、多くのものが、わたしたちのもとから、

去っていきました。

神はそのようなものではなく、一人一人の欲望達成のためにあるのでは

なく、すべてを愛するものにのみ、あるものなのです。

今、多くの兄弟姉妹が、誤った神の教えに、足かせをしています。

偉大なる魂である皆さん方が、この世に、光を示し、愛を示し、

本物の神を示し、多くの魂が、わたしたちの兄弟姉妹である魂が、

真の我に目覚めいくよう、手を差し伸べてあげてほしい。

今、愛を示しなさい。

今、光を示しなさい。

今、神を顕現しなさい。

あなたがたは、肉ではなくて、愛なのです。

あなたがたの本質は、愛なのです。

あなたがたの本質は、霊なのです。

あなたがたの本質は、神なのです。

あなたがたなら、必ずできます。

あなたがたは、必ず還れます。

このものが使命をはたすよう、あなたがたも使命を果たしなさい。

多くの魂が、この世に、愛を神を顕現し、地上に天国を、聖なる地球へと

導いて欲しい。

皆さん方は、手を取り合い、多くの兄弟姉妹のお手本となるよう、

神の表現体として、歩んで欲しいと思います。

--------------------------------------------

今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




スポンサーサイト
未分類 | 【2006-02-17(Fri) 15:58:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。