プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
生命は天、肉体は地(7)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

今回はご講話をそのまま掲載させてもらいます。

わたしが十数年前に学んだ思い出深い講話を掲載します。

---------------------------------------------------

外から得るものは、有限でしょ?内から得るものは、有限ですか?

無限ですか?無限エネルギーですね。

そのことをよくよく、理解しませんと、世の中は、黒い聖書を持って

歩いていますけど、読むことは出来ても、意味の分からないものが、

一生懸命導こうとしてますよ。それは導けるはずがありませんよ。

意味が分からないわけですから。

聖書に書いてある文字の意味が分からない。

どうして、誰を導きましょうかと?

それは、牧師ではありませんよと。

牧師というのは、聖書に書いてある意味が分からなければなりませんよ。

あのよく、わたしたちは、イエス・キリストの信者でありますという

人がいますけど、なんて嘘をついているんだろうと。

今の世の中のキリスト教徒たちは、キリストを信じていませんよ。

キリストというのは生命がキリストなんですよ。

その現象我である肉体であるイエス・キリストがキリストなんですか?

生命がキリストですか?

生命を教えてあげなければいけませんよ。

聖書にはこう書いてありますよ。

一番大事なものを与えなさい。一番大事なものとは、命であると。

命を人々に与えなさいと書いてありますよ。

命を与えなさいと書いてあるのであって。

だから、彼らはイエス・キリストという現象我を拝み倒して

いるわけです。

これは偶像崇拝にしかすぎないんです。

イエスを信ずると言うことは、イエスの教えを理解しなさいと

いう意味なんですよ。

イエスの教えは理解しないで、現象我を拝んでいたらいいのですか?

現象我という形を拝んでいては、何の価値も得るものもないと。

イエスの何を言わんとしているか、何を言われたか、

これを学ぶことが、本当のキリスト教徒ではないでしょうか?

それが分からなくて、「おー、主よ、神よ。」と言っていれば

いいものではないんですよ。

だから、聖書には、御心を行うものだけが神の国に入るのであると。

むやたらに主よ、主よと呼んではならぬと書いてあるんですよ。

主よ、主よと呼んだら、皆さん、真我になるんですか?

なりますか?それを行うものがなるんですよ。

だから、そういうところも理解しませんと、世の中は非常に誤解と

そのドグマ的な宗教がすべてを支配していますと。

だから、伝統的宗教は、いまだかつて変わってはいませんと。

わたしが、なぜ、こういう聖書を読まないのに、こういうことが

出てくるんだろうと。

みなさんは、不思議かもしれません。

あるいは仏教を学んでもいないのに、どうして、仏教の専門用語が

出てくるんだろうと不思議かもしれません。

なぜ、不思議なのかというと、生命は意識体ですから、

過去がないわけですから、未来もないわけですから、

久遠しかないわけですから、生命はすべてを記憶していませんか?

すべてを記憶していますよ。年月が何千年前であろうが、

何万年前とか、そういうものがないわけですから。

これは記憶体ですから。だから、生命から語るとすると、そこに

年月があるはずがありません。

それを超えて、生きています。分かりますね?

だから、イエスの時代のその当時のものを私が思い出そうとすれば、

いくらでも思い出すことができますよ。

では、イエス・キリストとわたしの意識とは、異なるものですか?

みなさんとの意識とは?同じものですよ。

では、同じものであるのならば、すべて読みとることが出来るんでは

ないですか?出来る?出来ない?出来ますよ。

それは年月を越えて、出来ますよ。

これをアカシック・レコードというんですね。

アカシック・レコードというのは、どこかに、紙に書いてあるとか

そういうものではないんですよ。分かりますか?

その潜在意識の世界から、読みとるということを、アカシック・

レコードから読みとるということなんですよ。

意味分かりますか?

永遠の意識しかありませんから、そこに入っていけば、すべて、

必要に応じて必要なものを取り出すことができますよ。

では、今、現在、みなさんの中に宿っている、生きている生命と、

2000年前のイエス・キリストに宿っていた生命とは、

異なる生命ですか?同じですよ。力は?同じですよ。

知恵は?同じですよ。光は?同じですよ。

ほーれ、見てください。どこに何が違いがあるのと?

自分とイエスとの違いがあるというのならば、神への傍観者ですよ。

冒涜者ですよ。自分を冒涜するものは、神を冒涜するものなんですよ。

自分を傍観するものは、神を傍観するものなんですよ。

あなたが、わたしは人間だと見ているのなら、あなたは、神に対しての

傍観者ですよ。冒涜者ですよ。

あなたは、人間でもないし、肉体でもないし、個人でもないし、

生命そのものではありませんか?

人間そのもの?生命そのもの?

(明日に続きます)
--------------------------------------------

今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




スポンサーサイト
生命は天、肉体は地 | 【2006-03-10(Fri) 20:01:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。