プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
我は真理なり(5)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。

---------------------------------------------------

で、過去においても、今は、大気を汚す、ガソリン、ディーゼル、

石油などの燃料を使って、今は、車を走らせます。

しかし、過去何年間では、一点の汚れも放つことのないものは、

何回か作り上げられています。

しかし、それが現れればどうでしょうか?

今の石油関係に携わる人間は、すべて、その金儲けを失うことに

よって、で、すべて、その関係の人々を抹消してきたではない

でしょうか?

だから、皆さん自身が見えない心で、計り知れないはずの人間が、

抹消されて埋め込まれています。

だから、心伴わない状態で、物質文明で栄えいい状態を作り上げよう

としても、そのもの抹消されてしまうほかにないんだと。

で、埋められていくほかにないんだと。

だから、いいものが作られても、いいものはあらわさない。

わたしは、そのものを作る役目のものでもないし、

科学者でもないけど、神がわたしに見せたビジョンというならば、

わずか何カラットという鉱物が、それそのものが、宇宙生命という

無限のエネルギーを受け入れて、で、日本全体がどう使っても、

余裕に供給することができるものがつくることができるという

ビジョンをわたしは見せられています。

さあ、わたしがそれを作る役目として、作る側に回ってみてください。

もう、その話をわたしがした瞬間に抹殺されていくだろうと。

だから、一番大切なことは、みなさん一人一人の美しい心と申します。

愛一元の心と申します。

慈悲に満たされた心と申します。

だから、心伴わなければ、何をここにあてられても、便利な科学と

いうものを作り上げても、また例えば、クレジットカードのような

ものをつくりあげても、そのものを自分自身が不正に使って、

関係のない人に支払わせるような事件があったりと。

だから、心が伴わない限りは、何かものが作り上げられたときは、

必ず、あらぬ方向でそのものが使われると。

で、それが出来た瞬間にわたしは読み取っていました。

だから、わたしはいまだかつて、カードを持ったことはない。

すでに読んでいたんです。

だから、皆さん一人一人が、本当に宇宙真理という大愛に目覚め生き、

すべてを変えぬ限りは、どんなにいいものを作り上げても、

必ずあらぬ方向に使うでしょう。

それにかえて、われわれが本当に石垣島で体験したことは、

山も本当に真っ暗なところで、販売機をおいていても、だれもいたずら

をしない、誰もそれをどうこうする人がいない、全く山の人通りの

ないところで、いつでも完全な状態でその販売機はあるといいます。

びっくりしました。

また、○○さんたちが、レンタカーを返すときも、さあ、その1日分

多く使った日付のレンタカー代をどうしようかといったとき、

ただその車の中に入れておいてくれと、で、かぎは

どうしますかといえば、かぎもあけっぱなし。

ここでは誰も奪うものはいない。

誰も人のものに、手を下すものはいない。

まだ、本当にこういう素晴らしい場所があったのかと。

そういう状態で全世界に広がっていくことができるならば、

みなさんの小さなときは、そうだったではないでしょうか?

カギもない家。カギなんてあったでしょうか?

今は、3重にして、4重にして、カギをやったとしても、

破壊するものは必ずいるではないでしょうか?

だから、作り上げたものは、必ずあらぬ方向に使うものがいると。

いい方向にも使えるが、あらぬ方向にも使えると。

だから、心を伴って、すべてそこを仕上げぬ限りは、必ずいたち

ごっこになるではないでしょうか?

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト
我は真理なり | 【2006-03-27(Mon) 00:18:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。