プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
真の自分について(16)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の講話をそのまま掲載させてもらいます。

(1987.09.10より)

---------------------------------------------------

それはできるものではありません。

皆さんがた自らが体験することです。

正法真理の実践というものは、神我を肉に現すことが実践なんです。

あなたの3次元の肉に、その神我は完全ですから、完全さをあなたの

言葉において、思いにおいて、行動において、表すことが正法実践で

ございます。

これ以外にどこにも正法実践はありません。

それが正法実践でございます。

正法というものは、神我にしかないのです。

神我を我に現す、肉体に現す、それが正法実践でございますね。

正法には、決して憎しみもなければ、怒りもないし、そしりも

ないんですね。

悪口もないのでございます。

正法に、憎しみや怒りがあるのならば、正法ではないのです。

それは末法となるのです。

だから、わたしは正法家であると名乗りながら、人の批判をしている

正法家がいっぱいおられます。残念です。

これは正法家ではありません。

正法実践である、正法というのは、正しい言葉、皆さん方は、

まだまだ正しく物を見ていない。

本物を見ていない。

それを正しく見る、正しく思う、正しく語る、せめて、皆さんがたが、

この3つでも出来るようになりましたら、皆さん方は正法家で

ございます。

ものを正しく見ていますか?

喧嘩している人を見て、罵り合っている人を見て、嫌らしい人間だな

と皆さん方は思うでしょう。

そうしたとき、皆さん方は、正しくものを見ていないのです。

彼らは、迷いの姿、偽我のぶつかりあいであって、本性ではない

のです。

本質的ではないのです。

彼らは、偽我の現れであって、神我の現われではないのです。

彼らは迷っているなと見るのは正しく見ています。

だから、皆さん方は、まだまだものごとを正しく見るという

ことを実践しなくちゃならないのですね。

罵り合っている相手方を見て、嫌らしいなと思ったならば、

彼らは迷って苦しんでいるな、偽我で生きているんだな、

神我というものを知らないんだなと思えば、愛しくなるわけです。

愛したくて、しようがない。

そのとき、神よ、仏よ、そのものにやすらぎを与えてください。

光を与えてください。

自ずから祈らずにはいられないでしょう。

それが、神我の現われなんです。

それは、皆さん方、正しくものを見ています。

正しくものをみているわけです。

正しくものを見ることができるのならば、皆さん方、おのずと

正しく思うことができるのではないでしょうか?

正しくものを見ることが出来ないことによって、正しくものを

思うことができないのです。

正しく思うことが出来るのならば、おのずと正しく語ることが

出来ると思うのです。

だから、私たちの五感の目は、迷いを見ているんです。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




スポンサーサイト
真の自分について | 【2006-05-13(Sat) 10:19:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。