プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
人生の旅(9)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

金で解決出来ましょうか?

ものや物質で解決することが出来ましょうか?

変えることが出来るのは、唯一愛の波動、愛の心から放つ愛の波動

以外には、変えることが出来ぬことを知ってもらいたい。

だから、どんなに世界トップクラスの連中が、世界のどこかに

集まって、討論、議論をしたところで、一番基礎である自分を

知らない限り、何をなすことができましょうか?

皆さんが自分を追及して、自分を知ったときは、何て言いましょうか?

我は神であったと。

で、その神は、誰彼の神ではなく、唯一の神が全体の中に生き働いて、

すべてはひとつであったと。

だから、一命一体。

すべては一つの命の中に生かされているんだと。

すべての体は、全く同一なる電子と陽子から組み立てれらた、

全く一体であると。

そこに一人一人が目覚め戻ることが出来ぬ限り、どうしてこの世を

変えることが出来ましょうか?

我は命なりと皆さんが理解したときは、すべてが命ではない

でしょうか?

我神なりと言うのならば、すべてが平等に神ではないでしょうか?

じゃあ、争える相手なんかいましょうか?

憎める相手なんかいましょうか?

誰彼から奪うことが出来ましょうか?

それは、すべて我なり。

我はすべてであり、すべては我なり。

我は全体であり、全体は我なりという、その境地に至らぬ限り、

争いや闘争や対立を我々は超えることはできません。

だから、一体全体自分というものは、何者なんだろう。

で、誰によって、創造されて、何のために生かされているんだろう。

それを追求していかねばなりません。

ただ、生きているから生きている、それは何と言いましょうか?

無知の人生、盲目の人生、迷いの人生と申します。

だから、この世の中には、4タイプの人間がいるんだと

私は言います。

まず死人がいると言います。

では、死人とは何なのか?

命に生かされていながら、命を見失っているもの。命知らず、

これを死人と申します。

なぜ、死人と言いましょうか?

皆さんが肉体がここに生れおちる過程を創造して見てください。

お父さんの精子とお母さんの卵子の結合で、お母さんの子宮の中で

細胞の分裂を繰り返しながら、細胞の増殖を繰り返しながら、

何ヶ月何十日で、この肉体という器は仕上がっていきます。

しかし、そこに命を神が与えることがなかったのならば、

誰が生きるものとして、ここに生まれおちることが出来たで

しょうか?

肉体という器は仕上がっても、それに命を宿すことが出来なかった

のならば、お母さんのお腹をくぐった瞬間、それはもう死人、死体、

死産として、即火葬場行きではなかったでしょうか?

だから、命に生かされていながら、命に感謝も出来ない。

命に生かされていながら、命を見失っているもの。

これ、命知らず、つまり、死人と申します。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。




スポンサーサイト
人生の旅 | 【2006-05-28(Sun) 21:32:38】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。