プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
無題3(11)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

ただいい声で南無妙法蓮華経、南無阿弥陀仏と説いて救われるとは

一言も説いてないことを知って貰いたい。

正しく生きることです。

美しく生きることです。

そこに本当の宇宙真理という根源が皆さんを通して働き生きる

ことを知って貰いたい。

そのように我々は文字を書くのならば書く文字の意味を、昇天も

キリスト教では皆さんが自分の本質が宇宙真理であることに目覚める

ことを昇天と言います。

で、仏教では成仏と言います。

じゃあ、昇天は成仏は、自らして自らの本質に目覚め生きることで

あって、死んだ人間を多額な金で葬式をしたから、優雅に花々を

供えたから、果物を供えたからとて、成仏はありえぬではない

でしょうか。

一人一人が自分とは何者なのか。

で、そこに目覚めた者が成仏であり、昇天であることを

知って貰いたい。

悟りとは、ただ盲信狂信偶像崇拝することではなく、肉体が

朽ち果てるまで家庭、家族を捨てて山にこもっていることでは

なく、今与えられているこの社会で、どこに逃げ隠れする

必要もありません。

今、与えられている社会で、今、与えられているその家庭、

環境の中に、神を我として皆さんが迎え入れて、神を皆さん自身が

正しく生きることそのものが、これが本当の悟りということでは

ないでしょうか。

だから悟り得れば、神社、仏閣、お寺、教会、宮に隠る必要も

ありません。

山や洞窟に隠る必要もありません。

常に正しく美しく、皆さんと共に生きる中にそれを説いていく

ではないでしょうか。

それを見本として物差しとして、その道を示していくことが

悟りではないでしょうか。

山に隠って悟りではありません。

もちろん、ヒマラヤの中に、役割を背負っている者は、またそこから

地球や宇宙を見守って愛の波動、そこに放射しているその役割を

持った方々もいるでしょう。

しかし、我々はそうではありません。

我々は家庭もちゃんとその調和しながら、この社会と完璧に

調和しながら、今与えられているこの一瞬一瞬の中に神を

迎え入れて、神を迎え入れることは、自分自身が宇宙真理

であることを理解することです。

知恵に力に愛に満たされることを神を迎え入れるという表現

をします。

それは決して盲信狂信偶像崇拝の中にあるものではありません。

だから皆さんには動物や鉱物、植物とは違って、明想という

素晴らしい方法、手段が与えられていることを知って貰いたい。

自分の本質が神であることに目覚め生きるためには、我々は

ただこの肉体を持って、人間としていいこと、アフリカに

行って、インドに行って、貧しいところに行ってボランティア

だ、様々なことを為したところで、それで成長することで

はないことを知って貰いたい。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





スポンサーサイト
無題3 | 【2007-06-28(Thu) 22:18:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(10)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

ただここに偶像崇拝盲信狂信したところで、神は皆さん自身

の中に幸せを落とすことはないことを知らねばなりません。

じゃあ皆さん一人一人の努力いかんであって、努力怠って幸せを

掴んだものがいましょうかと。

座して神を拝むことなかれ。

汝、盲信狂信偶像崇拝することなかれ。

南無妙法蓮華経、私小学校の時から、親戚にも何名かはその

南無妙法蓮華経とやった方々も私は知っています。

周りのその知り合いのあるいはまた友達の家庭、そういう方々も

私体験してまいりました。

いい大人が仕事も捨ててお母さん方ならば、そこに何時間も時間

を費やすよりも、子供達を愛し、旦那さんを愛し、本当に家庭の

ために家族のために働きいくことが、一番ふさわしいことで

あって、そこで分けも分からぬ状態で、南無妙法蓮華経

南無妙法蓮華経と朝に昼に晩に肉体朽ち果てるまで、そこに

唱えたところで何が変わったのかと。

家庭の崩壊はしました、今まで繁盛していたその仕事もつぶした

体験は私は見ています。

なぜでしょうか。

南無妙法蓮華経の意味を知らなかったこと。

南無妙法蓮華経の意味は、ただいい声でその唱えていれば救われる

とは説いておりません。

お釈迦様が肉体を持っていた当時、どうすれば無学という、

本人はその時には宇宙意識というものに目覚めて、宇宙即我(われ)、

宇宙即我(が)、不死不滅永遠の宇宙真理、命こそが我なりという

境地に至っておりました。

その時に私だけがこのように至福を喜びを味わって生きては

ならぬと。

世の多くの方々にその幸せを示していかねばならぬと。

しかし、無学の人間達にどうしてこの宇宙真理というこの真の理を

教え説こうかで、そこに考えて連れて行ったところが、あの泥沼に

咲く蓮の花の前に、そこに無学の人間を連れて行って、あの泥沼を

見てみよと。

あの泥沼の中にもあんなに美しい蓮の花は花開いているではないのかと。

開花しているではないのかと。

しかしあなた方の肉体を見てみよと。

あなた方の肉体は目が疲れれば目くそ、汗、大小便。

泥沼より汚い肉体ではないのかと。

しかし、あなた方があなた方の心を美しく磨いて、愛に慈悲に

満たして、じゃあ皆さん自身がその宇宙真理という法則をその心が

捉えて、日々の生活を正しく生きることが出来るならば、泥沼に

花咲く蓮の花よりも真我という美しき花を花開かし、無限の至福を

生きることが出来るだろうと説いたのが南無妙法蓮華経ではないで

しょうか。

だから聖書も聖典も仏典もお経もただいい声で読んでいればいい声で

唱えていれば救われるとは一言も説いておりません。

読んだならばその意味を深く理解して日々の生活の中にそれを

使いいかすことが出来るならばと説いていることではないで

しょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-25(Mon) 22:54:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(9)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

無限の喜び、無限の幸せ、無限の至福として収穫をする

ことだろうと。

だから、皆さんが今日の一日皆さん自身は、言葉において

思いにおいて表現で、何の種を蒔いているかによって

皆さんの人生を皆さんの運命をそこに建設していることを

知らねばなりません。

だから自分の人生が悪い、運命を狂わした、誰かのせい

だというならば、それは愚かなる者。

誰彼のせいに人生、運命を狂わされたものはおりません。

皆さんがどんなにここに毒を盛ったところで、それを

食しないあなた方であるならば、決して悩み、苦しみ、

不調和に追いやられることはありません。

だから愚かなる者は非難したものに非難し返します。

怒り狂う者に怒り返そうとします。

なるが故にそこから決して克服することは出来ない。

そこから超えることも出来ない。

すべてに愛をすべてにいたわりをすべてに思いやりをもち、

皆さん自身が尽くし生きてみてください。

皆さんの人生は運命は、あっと言う間に輝き、あっと

言う間に美しく、素晴らしい人生、運命を歩み生きる

ことだろうと。

だから私の学びほど厳しいものはないと言います。

ただここで簡単に我は神なり、愛なりと説いているよう

であっても、それを自信持ってそう言えるためには、

完全に皆さん自身がすべての執着を脱ぎ捨て、すべての

ネガティブ、消極、破壊を克服していてこそそれが

言えることを知らねばなりません。

一点でも心という鏡に汚れを付着させている限り、

汚れをつけている限り、真実なるものなんて見ることが

出来ましょうか。

真実なるものは美しいその鏡で真実を写せるようにちゃんと

神は皆さんを創造し、生かしていることを知らねばなりません。

だから私は誰を変えようでもないんだと。

で、誰を救おうでもないんだと。

現に私は皆さんの前で常に光話の度にこう言うではないで

しょうか。

世の宗教家は私があなたを救いましょうと言うけど、

ありえぬと私は申します。

身近にいる家内とて親、兄弟とて子供たちとて、私は

一人だって救うことは出来ぬといいます。

アドバイスは出来ます。

道は私自身が道を歩んで体験したことを述べることは

出来ます。

しかし、その者が本当に自分を変えたいというその

努力がなければ、誰が誰を変えることが出来ましょうか。

だからついてこぬ者をどうして変えることが出来ましょうか。

幸せを得るためには自らの足で努力して歩まねばなりません。

幸せを得るためには自らの手で努力して勝ち取らねば

なりません。




--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

実際の光話をお聞きになりたい方は、「愛の伝燃」

をご覧下さい。



多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-24(Sun) 14:58:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(8)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

ほれ、私が私を変えることにおいて、世界が変わって見えること、

宇宙が変わって見えること、家族すべてが変わって見えること。

それを我々は責任持って一人一人が一人一人の心を変えることが

出来るならば、今、私が体験している、今私が実感しているその

境地に至ることが出来るではないでしょうか。

しかし、今までの人間は、自分自身を変えようとはしない。

で、自分の畑は雑草を生やしていながら、貴方の畑よと、貴方よと。

南米では、人のあら探しをする人間を何て言いましょうか。

はげわし、はげたかと言います。

なぜならば、はげわしとかはげたかは、いい肉は食べません。

残りもののすべてが食べ尽くした腐ったものを食べます。

だから、はげわしやはげたかは、非常に最低レベルの象徴として

南米の人間は使います。はげわしよと。

で、我々も人のあら探しをしている人間のようなはげわしになるな、

はげたかになるなと、そのように南米では象徴で用います。

我々はすべてを美しいものと見れるまで、自らを磨いていかねば

なりません。

私は、キリスト教でも仏教信者でもありません、何教を学んだ

わけでもありません。

イエス様もそれははっきり我々に、美しいその生き方を示して

見せてくれたではないでしょうか。

お釈迦様もそうだったではないでしょうか。

憎しみは憎しみで止むことはないんだと。

憎しみを超えるためには、戦争や闘争を超えるためには、愛

一人一人が生きること他にないんだと。

戦争で戦争を超えた国があるでしょうか。

我々はやったことにおいては、必ずカルマという責任を

持たされることを知らねばなりません。

自ら蒔いた種は必ずその蒔いた種は大木となります。

で、その大木となれば、そこに必ず実をつけましょう。

じゃあ、人を恨んだり、妬んだり、誹ったり、怒ったり、

嫉妬をしたり、裁いたり、ネガティブ、消極、破壊的な種を

蒔いて、皆さんは何の実を摘み取りましょうか。

そのような実は常に悩み、苦しみ、不調和という方法で刈り取る

事他にありません。

しかし、皆さん自身がそれを逆に、今日も愛にて目覚め、愛で

事をなし、愛で今日の一日を終えていける皆さんであって

みてください。

今日も言葉、想い、表現で、愛の種まき。

愛するは愛されるよりも美しく、すべてを幸せにするという

ほどの愛の種を蒔いてみて下さい。

愛の種を不幸、悩み、苦しみと刈り取った人間なんて一人も

おりません。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-19(Tue) 23:13:46】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
無題3(7)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

本来、山や海に捨てられていたことでしょう。

で、その命を一人でも救って欲しいという意見を寄せる人も

いるし、ただ楽しみごとで赤ちゃんを産みおとして、後は

そこで育ててくれるだろうと、何とかしてくれるだろうと、

どんどん捨てる人間が増えてくることにもなりかねないと

そう言っている方々もいるではないでしょうか。

それで、解決することが出来ましょうか。

○○さんが言われたように、すべてを解決する策は宇宙真理

という本質を学び取っていくことが出来ぬ限り、解決する

ことは出来ません。

皆さんはさあ、川や海に捨てられた子供達が助かればいいという

そう想いを持つ方もいるでしょう。

赤ちゃんポストが出来たが故に。

で、またそれが出来たが故に、ただ楽しんでただ子供を産んで、

そこにまた置いていく者もいるでしょう。

ほれ、我々が山や海に捨てれば、殺人になるし、しかし、赤ちゃん

ポストに捨てれば、殺人にもならないではないでしょうか。

そこは大きな勘違い。

だから結果でもって、結果対処して、そこにその答えを見出そう

としたって、全く解決の出来ぬ事。

我々は原因というその根源を突き詰めて、で、その根源という

ことを知ることが出来ぬ限り、子供達も今のお父さんやお母さん

に産み育てた結果であって、今の学校の教育を受けた結果であって、

子供達が悪い、子供達がすべて悪いんだで、殴ったり蹴ったりで

解決が出来ましょうか。

金儲けのために大人が洗脳されたその意識状態を、本当のその

宇宙真理というその意識に変えることが出来ぬ限り、何が

解決できましょうか。

何が変われましょうか。

だから我々は、私の学びでみんなこう言われます。

今までの宗教に何千万という金を使ったけど、貴方の学びは何百万、

何千万、何億というお金をお布施せよとは言わぬけど、一番難しい

のは貴方の学びだと、この前も愛知の方で言われました。

で、その方は何千万という金を使って、色々な宗教をはしごした

と言われます。

しかし、何千万というお金を積むことは容易いこと、救って

あげれるならば。

しかし、貴方はそうは言わぬけど、一番難しいのは貴方の学び

と言います。

なぜならば、あなた方一人一人が自分自身の心は自ら努力して

変えぬ限り、変わらぬ限り、何が変わるのかと。

今、私ここに立ちながらも、私自身を変えることにおいて、

私は皆さん一人一人が世界すべてが宇宙そのものが、変わっている

姿を今ここに一瞬にして見ることが出来ます。

私、偽我という、偽我とは偽りの我と書きます。

肉体を通して偽我の我から物を見る限りは、あなた方も

変わらない。

なぜ?人間としてしかあなた方も見えない。

単なる動物、鉱物、植物としてしかすべても見ることが

出来ない。

世界もそのようなただ結果という形しか見ることは出来ない。

しかし、私が原因という本質の中に融合しさえすれば、あなた方に

真の神の美しさを見ることが出来るではないでしょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-16(Sat) 23:59:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(6)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

今、私自身の意識を見えているものがどこにいましょうか。

いつも言います。

私はこの現象というこの世は、わずかほんの少ししか眺め

見ていないんだと。

私の意識、私の目は、常に実相という普遍の中に、常に留め

おいていることを知らねばなりません。

無限意識です。

普遍意識です。

宇宙意識です。

だから、常に皆さん一人一人の無限という大海の中に皆さん

が訪れ来ることを三十何年間も私は待ちわびたことを知って

もらいたい。

皆さんはいと小さき、弱き存在ではありません。

そのように無知のままに、盲目のままに、迷いのままに、

目隠しされた状態で一転生という人生を終える愚かなる愚者

となってはなりません。

ならば、神は万物の霊長としてあなた方をここに降ろした

目的は、何の価値もないではないでしょうか。

無限の知恵、無限の力、無限の愛を生きて貰いたいと神は

皆さんを万物の霊長としてここにおいたことを知って貰いたい。

だからいつもこう言います。

私たちはお父さんお母さんを縁にしてこの肉体船を頂き、

一時遊んで、年頃に来て結婚して、子供を作って、後は

年老いて死ぬのを待つ人生ならば、動物と何も変わらぬと

言っているではないでしょうか。

皆さんは万物の霊長として、動物や鉱物や植物、一切を

支配するほどの能力を持たされたあなた方であって、

動物以下のあなた方であってはなりません。

ほれ、今はもう、私よく新潟や金沢に走るときは、長野の

姨捨山というところを走っていきます。

あー、姨捨山というのは、昔本当にあった話なのかなあと

いう想いを巡らしながらそこを走ります。

しかし、つい最近見たことは、今日の朝のテレビで見たことは

姨捨山どころか、赤ちゃんを捨てているではないでしょうか。

赤ちゃんポストと言われて、こうのとりのゆりかごと言われて、

言葉は美しいけど、言葉は素晴らしいけど、じゃあ、それは

何をするのかと。

顔も名前も何も知らずに、私が言い過ぎでなければ、

赤ちゃんを捨てていく場所ではないでしょうか。

神はそのために赤ちゃんを皆さんに託したものでは

ありません。

その子を正しく導いて、本当の宇宙真理、神という域まで

目覚めさしてほしいと、そのために赤ちゃんを今のお母さんや

お父さんに託したものであって、決してただ都合いいから、

ただ楽しみごとでセックスで子供を産んだから、さあ育てる意志が

ない、育てる経済力がない、いとも簡単に捨てる。

だから今、その件にしては色々な問題が持ち上がっているでは

ないでしょうか。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-13(Wed) 23:32:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(5)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

見えない不滅の宇宙真理という根源に目覚めることが出来ぬ

限り、真の幸せはないことを知って貰いたい。

だから友達にもお客さんにも幸せですかというならば、

色んな方法で幸せを訴えます。

健康だから金があるから、でまた程ほどにいい職に恵まれて

優雅な生活が日々不自由なく生活を送られているから・・・。

じゃあ、このように一瞬にして現象世界は何が起こるか分からない

世界。

一瞬にしてそれが崩れたら、どうなのかと。

恐らく幸せではいることは出来ぬだろうと。

じゃあ、一瞬にして崩れるものに幸せがあるのかと。

本当の幸せ、本当の喜び、本当の至福であるならば、久遠に

して常在、不滅にして絶対実在、何ものの影響を受けることもなく、

不死不滅永遠のものであってこそ、これが本当の幸せで

あったことを知らねばなりません。

だから私はこの世の物質や金や富によって幸せではなく、今、

○○さんが言われたように、すべての喜びを願える、すべての

中に全一体として感じ取れる、無限のその能力を得てこそ、

私は今、幸せを実感しています。

だから私、自慢ではないけど、私自身があえてこの肉体を持って、

本来は南米や沖縄やどこそこに飛ぶ必要もありません。

我意識したところに我あり。

我の思ったところに我いると。

ただ皆さん自身と共に、本来は皆さん自身にもそのような能力は

あるんだというそれは学び取るために、あえてこの肉体を運んで

飛行機に乗ったり、皆さん自身の前に来て、そのような状態を

していることであって、私が仕事を終えて夜中の明想中に

実相世界の中に融合すれば、皆さん自身が例えば東京、例えば

沖縄、例えば地球の裏側である南米、そこに離れている方々を

訪ねることは、何分何秒ではすぐそこにいることを皆さんは

知らねばなりません。

観自在です、無碍自在です、自由自在です。

千名の前に立てば、千名の意識状態はすべて読みとっております。

何を言わんとしているのか、どこにどう困っているのか、苦しんで

いるのか、手に取るように分かります。

なぜでしょうか?

私はあなた方の中に生きています。

で、あなた方と私は一つであるが故に、すべてのすべて宇宙そのもの

の答えを知るのは、その意味ではないでしょうか。

ただ、私は知らぬふりで、ただ分からぬふりで、皆さんと共に

このような状態でもあなた方を普遍意識の中に、無限意識の中に、

宇宙意識の中に、いつでも目覚め生きることが出来るというもの

を示すために、この肉体をあえて皆さん自身の前において、

共に言葉という言葉を持ってして、学びあっていること他に

ありません。

だからいつも言います。

私の家内からすれば、単なる私は男性として、旦那としてしか

感じていないだろうと。

子供達からすれば、単なるお父さんという、ただ私の肉体という

男性を見て、そのような感覚でしか見ることは出来ぬだろうと。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-12(Tue) 23:36:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(4)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

だから生涯、真の自分、真の本質である神を見いださずして、

皆さんが一転生を終えていくならば、どんなにこの世の地位や

名誉、富、物、金に恵まれていても、それはむなしいものである

ことを知って貰いたい。

もちろん、私は皆さんに金を粗末に扱いなさいでもない。

仕事を捨てなさいでもない。

で、この世の学問を受けるなという意味でもありません。

しかし、皆さん自身が間違って欲しくないのは、この世の仕事、

この世の物質というものは、ただ皆さん自身が自分自身の本質を

知るまでの方便として与えられた結果にしか過ぎぬことを

知って貰いたい。

いつか朽ち果てていくこの結果が、結果なる肉体、結果なるこの

現象世界が真の世界、真のあなた方と言いましょうか。

真のあなた方は病気にも冒されない、悩み・苦しみにも振り回され

ない、久遠にして常在、不滅にして絶対実在である宇宙真理、命

であることを知って貰いたい。

だから真理は時代の新旧において変化することもない。

この形の世界はどんどん変わります。

どんどん変化していきます。

だから私自身もこの変化するこの世界に、幸せを求めたところで、

喜びを求めたところで、いっこうにそれを得ることは出来なかった。

皆さん、金や富や物質を一円だってあの世まで、死後の世界まで

背負って帰った人間を見たことがありましょうか。

持ち帰ることは出来ません。

だから今の人間が金や富や賭け事やたばこや酒やセックスに

喜びを求めるというならば、それはとんでもない錯覚である

ことを知って貰いたい。

私よく友達にも学びに来る新しいお客さんにもよく私、質問します。

幸せですかと。

で、その幸せも色々な方法で幸せを訴えます。

今、健康だから幸せなんだと、ほどほどに金に満たされているから

幸せなんだと、いい職に恵まれているから幸せなんだと、

みんな幸せ、幸せを訴えます。

じゃあ、今あなた方は幸せと言うけど、一瞬にしてこの現象の

世界は何が起こるか分からない世界。

これ、何年か前の新潟の地震でも体験したこと。

あの新潟は錦鯉の有名な場所。

で、そこでその金に目が眩んだ方々は、錦鯉で豪邸を建てる

ほどの金儲けが出来たと言います。

しかし、地震で一瞬にしてそれを失ったときに、底辺にいる方々は

さあこれからまた我々は立て直していけばいいではないのかと。

しっかりまた他の方法で働いて見出して、正しい生活に戻せば

いいではないのかと、いとも簡単にそういう状態で納得できたこと。

しかし、もうトップに立って、みんなからちやほやされた地位や

名誉、金を持っていた方々は、もうあの一回でつぶされたことに

おいて落胆し、酒に溺れて廃人状態とも言われました。

ほーれ、見てください、何が幸せだったのかと。

いとも簡単に一回の地震で崩れ去っていく富を持って、幸せ

があったのかと。

だから、我々はこの世の物質、見えるものから幸せを得れない

ことを知って貰いたい。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-10(Sun) 23:25:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(3)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

なぜ、私が神なんだろうと。

じゃあ、なぜ私が神なのかと、またそれを追求したときに、

神は命なり。

神は真の理、真理、真の理なりと。

じゃあ、真の理は、我々は決して盲信狂信偶像崇拝することではなく、

その真の理を愛として慈悲として、なるほどイエス様が神は愛なり、

お釈迦様が仏は慈悲なり、と言ったのはその意味だったのかと。

すべてをいたわり思いやり、美しく正しく生きることそのものが、

それが神を生きるという意味だったことを知りました。

だから一人一人がどんなに神を否定していても、神に生かされている

事実は誰も否定することは出来ません。

花々が美しく咲き誇っていることも、それは神の現れ。

皆さんの足下に蟻一匹這っていることは、それも神の現れ。

じゃあ、我々はあえて神社、仏閣、お寺、教会、宮を探さずとも

どこかの宗教に籍を置かずとも、皆さん自身がいる場所、おる場所

で、そこに神を実感し、見ること体験することが出来るではない

でしょうか。

そのために皆さんが心という鏡を美しく磨きさえすれば、皆さん自身

の心を全ての執着から解き放って、恨み、妬み、誹り、嫉妬、怒り、

裁き合い、そのような心の状態を皆さんが克服できるならば、

神は皆さん自身の中に、命として、真理として、宇宙エネルギー

として、内在していたことを見いだすことが出来るでしょう。

決して神を外に求むるなかれ。

神は我が内にありと。

今までの聖人の方々が説いたのはその意味ではなかったでしょうか。

神は愛として、神は知恵として、神は力として、今即皆さん一人一人

の中に生きているならば、皆さん自身がぶつかっているその障害を

ぶつかっている試練を乗り越えられぬわけがないではないでしょうか。

乗り越えることが出来ぬと言うならば、それは皆さん自身が真の自分

を信じていない結果ではないでしょうか。

真の自分とは、この弱き肉体が自分と説いているではありません。

真の自分とは、無限の能力を持ったあなた方。

真の自分とは、無限のすべてを包含したあなた方ではないでしょうか。

いと小さき、弱きあなた方があなた方ではありません。

宇宙そのものであるならば、宇宙を超えた無限の存在であるならば、

どんな問題でも、喜び、微笑み、笑いながら、乗り越えいける

あなた方という意味を知って貰いたい。

だから私、去年の一年365日振り返っても、この何十何年間

振り返っても、我は命なりというその本質を見いだしてからは、

一秒たりとも悩んだり、苦しんだことも、この肉体が調子悪かった

ことはないと言います。

皆さん自身が真の自分から道をずらし生きている限り、苦しみ

もがいていることを知らねばなりません。

それは私、皆さんが正しい道に正すことを光明路と申します。

路は皆さん自身がもう本当に神に与えられた路を沿って生きる

ことが出来るならば、誰が苦しみましょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-09(Sat) 21:56:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3(2)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

それは皆さん自身が想像も出来ぬ無限の知恵、無限の力、無限に

無限の愛に満たされたものを本当の聖人。

だから人である限りは、生まれて死ぬまで人。

何もその成人式なんて迎える必要もありません。

しかし皆さん自身が人生きるというその生なるものから、

神生きているんだ、命生きているんだというそこに皆さん自身が

目覚め生きるのとは、先ほど○○さんが言われたように、天地の

差を分けるだろうと。

人間が生きているのと、我は命なり、命が生きているのとは天地の

差があります。

なぜ?人間なんて、命から離れて一瞬たりとも生きることは

出来ません。

人を通して生きているのは、命なり。

命を皆さんが自覚、命に目覚めて生きることが出来るならば、

それははかり知ることの出来ない、無限の知恵と無限の力と

無限の愛を。

これは私自身も沖縄に生まれて、神は神棚、仏壇、祭壇と親からも

教われてきました。

で、また南米に移住したときは、向こうはまたキリスト教ですから、

神は教会にましますと教えられてきます。

なぜ、国の違いにおいて、神の居場所が違うのかと。

じゃあ、神はどういう姿をしているんだと。

神はどこに存在するのかと、沖縄では神棚、仏壇、祭壇と言うし、

南米では教会というし、様々な場所では、神棚、仏壇、祭壇とか、

神社、仏閣、お寺、宮だとか。

じゃあ、神はどういう姿で、どういう方法でその場所場所に存在

しているのかと。

この神が知りたくて、あるいはまた神という神を説く者からすれば、

神が上だ、仏が下だ、でまた、仏を信仰している者からすれば、

仏が上だ、神が下だと。

じゃあ、神と仏はどっちが上なんだろう。

神仏はどう違うんだろう。

神、仏はどこにどういう姿でましますものか、もう小学校から私は

それが疑問。

だからこの世の学びなんて、そう私にとって価値もないこと。

で、また魅力も感じません。

この宇宙の神秘さ、地球の不思議さ、誰がも答えてくれなかった

ことに私は興味がありました。

で、その状態で私も南米から沖縄に帰ってきて、あの真栄田岬で

十何年間も夜中の十二時から明ける四時まで、神を追求して

神を見つめて、常に自分自身の、今に思えば内観とか、明想という

手段だったかもしれない。

で、その内観、明想を通して、自分自身がそれを意識そこに

求めていくことにおいて、私は内からの声を聞きました。

我は神なり、我神なるが故に、無限の知恵、無限の力、無限の

愛の泉、宝庫、我が内にありと。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-06(Wed) 23:29:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
無題3

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

皆さん、こんにちわ。

今、○○さんは、我神なり、全ては神なりと言われたから、

その神を私はかみくだいて説いてみたいと思います。

決して、神は手の届かぬ遙か彼方にましますものでもないんだと。

あるいは神社、お寺、仏閣、教会、宮とそこに奉られた偶像でも

ないんだと。

なぜ、幸せになれなかったのかと。

本当に偶像崇拝で、幸せに健康に喜びに満たされるならば、

もう我々以上に何十何年間も神を願ってきた方々は、とうに幸せ

になっているだろうと。

しかし、我々は真実なる神を理解し、真実なる神を生きることが

出来ぬ限り、それは不可能と申します。

神は命なんです。

命こそは、皆さん一人一人の中に内在した無限の知恵、無限の力、

無限の愛なんです。

だから神を悟って、解決出来ぬ障害はないんだと先ほど○○さんが

言われたのはその意味なんです。

皆さんがただ自分を有限化に追いやって、ただその結果というものを

通して皆さんが対処しようとする限り、それは解決することは

出来ません。

しかし、皆さんが我神なりとして、無限の能力を持ってみて下さい。

何が解決出来ぬものがありましょうか。

皆さん自身が今ぶつかっているどんな問題でも、如何なる障害でも

皆さんは内なる知恵、それは皆さん自身が神と言うならば神でしょう。

で、仏と言うならば仏でしょう。

我は神なり、我は仏なりというその境地から、知恵も力も愛も

皆さんが引き出し生きて見て下さい。

解決しえない問題なんて、どこにありましょうか。

だから今の政治家も教育者も医学も科学も音楽も、すべて今、

壁にぶつかって、もう進めない状態はなぜ?

自分自身を有限化している結果ではないでしょうか。

神は無限です。

まさか命に私の命、あなた方の命、分離、差別、区切られた命なんて

ないではないでしょうか。

なぜならば、この大宇宙そのものが命であるが故に、皆さん自身の

中に命あるというならば、大宇宙のその力があなた方という意味

ではないでしょうか。

で、知恵も愛もそうという意味ではないでしょうか。

だから人間だ、肉体だ、個人だという、まあ私、テレビのニュース

を見れるのは、ただ沖縄に来たときと北海道に講演に行ったときの

そのホテルにチェックインしたときのわずかな時間しか見ることは

ありません、もう何十何年間も。

で、今日、朝の光話が始まる前に、テレビを見ていると、成人、

日本の成人は、今までは20才で成人式を迎えたと言います。

さあ、18才から成人にしようかと、そういう問題が持ち上がって

いると言います。

で、その成人は、成る人と書きます。

もう皆さんは、成る人であるならば、産まれ落ちたときから、

皆さんは成人ではないでしょうか。

しかし、皆さん自身は今、何のためにこの肉体という存在の目的

なのか。

人、ただ単なる無力の人間ではなく、無知、無力、迷いの人間では

なく、私の’せいじん’は、聖なる者と書いて、聖人と書きます。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





無題3 | 【2007-06-05(Tue) 23:27:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。