プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
神への想い
真理はひとつしかありません。

それはすべてがひとつですよ。

皆さん方は、肉体ではなくて、生命なんですよ。

肉の自分に生きるのではなくて、生命の我を生きてください。

と先生は繰り返し繰り返し、もう何十年も同じ事を私たちに

説いています。

自分の使命を全うすること、人々への奉仕のみに生きておられます。

私たちは、先生のおっしゃることが分かっているつもりに

なっているのですが、

本当の深い部分では、理解できていないのが現状です。

ですから、意識は徐々に高まるものであって、

先生がおっしゃることが、

このことについては分かっていると思っていたものが、

今、また聞くと、もっと深い捉え方ができるようになったり

します。



私自身が今、すごく学ばせてもらっていることは、

神は完全であるということ。

これは一瞬一瞬の意識が勝負であること。

少しでも、疲れたなとか、仕事が嫌だなとか、

子供の心配をしてみたりとか、病気のことを考えたりとか私たちは、

そういう意識が無意識のうちに出てきてしまいます。

そうしているときは、私たちは、不完全を意識しているということ。

神意識ではなく、人間意識であるということ。

これを1日24時間、どれだけ、神意識でいられるかということに

つきると思います。

寝ているとき、夢を見ているときでも、どれだけ、神への想いが

あるか、これが神意識だと思います。



最近、「ヒマラヤ聖者の生活探求」を読ませてもらいました。

その中で、聖者の方々は、野獣を見ても恐怖を感じません。

野獣を見ても、愛しか見ないのです。

常に神意識なのです。

野獣も聖者から恐怖感を感じないので、襲うことはありません。

私たちもジャングルの中で野獣を見て、恐怖を感じないで

いられるか?

どれだけ、神への信仰を持っているか?

神への信仰が強ければ、絶対に恐怖感は出てこないはずです。

聖者の方々は、恐怖を知らないのです。


それが意識の高さであり、悟りの高さだと思います。

そんなことできるわけがないだろうと、私たちは聖者とは違うと

思ってしまいますが、私たちと聖者の方々との間に、

違いはないですよね。

聖者である方々ができることは、わたしたちにも出来るはずです。


私は、今、自分の想いとして、常に聖者である大師だったら、

どのような言葉、想い、行動をするだろうかと考え、そこへ

近づくよう努力しています。

私たちは、一人ではありません。

このように、目に見えない多くの方々が、私たちを導き、

指導してくださっているのです。

毎朝、祈りましょう。

「神よ、また目に見えない私を指導してくださっている指導霊

の皆様方、どうぞ、今日も一日、わたしを神の使いとして、

お使いください。」
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-05-17(Wed) 22:37:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。