プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
真理こそ実在(10)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

その答えを得たが故に、心配や不安や恐怖は克服されたでは

ないでしょうか。

だから、皆さんも与えられた試練や宿題に背を向けて、

逃げようではありません。

隠れようではありません。

逃げて逃げられるのならば、誰でも逃げましょう。

隠れて隠れられるのならば、誰でも隠れましょう。

逃げたところで、それは神の内。

隠れたところで、そこは神の内。

じゃあ、どこでも神の外に逃げることはできぬではないでしょうか。

だから、全て立ち向かって、全ての答えを得た真の勇者と

なってもらいたい。

戦争に行って、何十名、何百名の敵を倒したから勇者でもなければ、

いくつもの城を攻め落としたから勇者でもなく、疑問とする一つ

一つ、背負っている問題一つ一つを、常に正しい姿勢でそれを

克服していくことそのものが本当の勇者ではないでしょうか。

一番大事なことは幾転生という人生の過程を通して、積み上げて

きた自分の心の中に詰めこんできた悪習、思い癖、その一つでも

誰よりも多く切り捨ていけることができるかではないでしょうか。

罵ろうが非難しようが裁こうが、そのものが憎い、そのものが嫌、

一度も感じたことはないと言います。

全一体、我は全体であり、全体は我なり。

我はすべてであり、すべては我なり。

憎んだ相手は私です。

それは私がちょうど、あの神戸の地震を後一ヶ月というその時に

見せられたというではないでしょうか。

ちょうど、神戸の地震を一ヶ月前にして、夜中明想していますと、

ここに何千という棺が現れています。

それは何を意味しているんだろう。

で、その一つ、棺がふた開いて、明想して座っている自分自身が

そこに吸い込まれていきます。

あー、もう私の肉体は今日で終わりなのかと。

とうとうもう棺の中に今日納まって、終わっていくのかと。

で、そのように、心配も不安も恐怖もない。

そのように見つめていますと、しかし、私の本質である命は

永遠不滅。

何もこの肉体の終わりで、本質が死ぬことはないではないのかと、

私見つめ、意識しますと、また、一旦納まりかかったその肉体が、

ふた開いた棺から出て、明想している私に重なります。

しかし、何千という棺は消えていくことがないが故に、

何を意味しているんだ、どうしたんだろうこの棺はと言いますと、

神は他の目を持ったあなたが入りますと。

で、他の名を持ったあなたが入りますと。

じゃあ、あの何千名というあのときに犠牲となって肉体を脱いだ

者は、すべて本質という命において私という意味ではないでしょうか。

その理解が出来るのならば、誰を非難すること、誰を怒ること、

誰を裁くこともないことがそこに言えるし、そこに感じ取ることが

できるではないでしょうか。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


真理こそ実在 | 【2006-06-19(Mon) 21:22:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。