プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
外は仮相世界、内は実相世界(1)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

外は仮相世界、内は実相世界。

じゃあ、皆さんは、何のために明想されているのか。

この仮相という結果の世界から、実相という原因の世界へ

みなさんは、自らを導くために、明想という手段が与えられている

ことを知ってもらいたい。

だから、イエス様もお釈迦様も外を見るな。

皆さんが悩み、苦しむのは常に外に生きている人間の言葉、

表現、それに振り回され、苦しみ生きていることを

知らねばなりません。

だから、私自身が、なぜ、この何十何年間、一度も苦しみの

体験なし。

で、なぜ、悩み、苦しまないのか。

常に内を見つめている結果ではないでしょうか。

外という結果世界は、仮相であることを知ってもらいたい。

じゃあ、取るに足らない仮相に振り回されて、どうして落ち込んだり、

悩んだり、苦しみ生きる必要がありましょうか。

それを愚かなる愚者と申します。

だから愚かなる愚者が見つめているものは、常に仮相という結果世界、

常に外側しか見ることが出来ない。

外は本物と言えましょうか。

本物は、皆さんの内に在り。

だから、明想という手段を通して、常に内へ、内へ、内へと

入りいく訓練を皆さんはされているではないでしょうか。

我、血や肉や姿、形でもなく、人間、肉体、個人でもなく、

我は霊なり、我は真理なり。

で、イエス様やお釈迦様が宇宙即我(そくわれ)、宇宙即我(そくが)、

我は真理なり、我は神なりと断言して言いきれたのは、内なるその

実相世界へ、自らを融合させてのことではなかったでしょうか。

大海にしみる一粒の滴。

内なる大海にみなさんが錨をおろしたとき、内なる大海に身を

おいたとき、大海の知恵が、大海の力が、大海の愛が、皆さんを

通して現し示されること、これをキリストの伝導と申します。

無限という知恵、無限という力、無限という愛や光を皆さんが、

観自在、無碍自在、自由自在に示し生きることを、キリストの

伝導と申します。

決して黒い聖書を持ち歩いて、どこの家庭を伝導してきたでは

ありません。

今、一瞬一瞬おかれている場で、皆さんが常に内側から語り、

見、思い、生きているのならば、それは皆さんの一言一言は、

これ実相という本質そのものから開いた真の言葉ではないでしょうか。

真の思いではないでしょうか。

だから、この内側に融合されたものは、こう言われます。

神が見たもうがごとく、我見ます。

神が思いたもうがごとく、我思います。

神が表現したもうがごとく、これ表現します。

じゃあ、神は、すべてを通して、美しいものほかに見てはおりません。

何を感じても捉えても、美しいものほかに実感されておりません。

だから、我々のこの目は、人の悪いところを見る目ではないこと、

常に真実、美しいものを見るための目。

常に真実、愛の、美しきものを語るための口。

人の噂話や世間話を聞くための耳ではなく、常に真実なる

神のメッセージをすべてから宇宙真理というその声を聞くための耳。






--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


外は仮相世界、内は実相世界 | 【2006-06-30(Fri) 22:08:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。