プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
愛のみの実在(3)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

皆さん自身が自らにそれを灯したとき、家庭の中に火は

灯るではないでしょうか。

で、皆さん一つ一つの家庭が火が灯れば、その地域は、その地域から

日本全体へ、それから世界そのものが、夜明けを迎えるでは

ないでしょうか。

まさに今は夜明け前の暗さ。

朝日の美しさは夜の闇の後に輝くと言われるように、今はまさに

末法の世。

で、夜明けを迎えんとしている今の状態。

だから、今の社会は、今の時代は、もう非常に厳しいこと。

もう、夜明けを迎えんとする前の厳しさ。

それは皆さん自身が歯を食いしばって拳を握り締めて、

耐えて耐えて耐え抜かねばならぬ今の時代。

それを耐えぬいた暁は、皆さんに本当に美しい朝日を皆さん

見ることが出来るでしょう。

神が完全であるが如く、我完全なりというその境地に至って

皆さん、朝日の美しさを徹底して皆さん、それを感じ生きることが

出来るでしょう。

花々もあの野の草花も耐えて耐えて春の訪れ来ることを

耐え忍んだではないでしょうか。

雪に埋もれても、雪が溶ければ、本当に美しい芽を吹き出すように、

踏まれても踏まれても根強く忍べ道芝の、やがて花咲く春も

来るらんと。

花を開かぬ、時を迎えぬ人間なんて、この世に一人もおりません。

神は、神という実相世界に戻ってくること、帰ってくること、

60何憶一人一人にそのチャンスを与えられていること。

だからこそ、悩みを通してそこに至るもの、苦しみを通してそれを

追求してそこに至っていくもの、あるいは病気や不調和を通して

そこに至ってくるもの、その至っていく方法は、皆様々違うでは

ないでしょうか。

それを悩めるものよ、幸いなり。

苦しきものよ、幸いなり。

この者は、天国という神の御国を見ることが出来るだろうと。

しかし、私が20何年前にガンで苦しみ生きている者、悩みで

苦しみ生きている者に、悩めるものよ、幸いなり、苦しきものよ

幸いなり、いち早く誰よりもそれを理解して実感して、その境地に

至ってそのように立ちあがってもらいたいために、そう語ったにも

かかわらず理解できない者は、怒り狂ったこと。

しかし、まあそこを離れた方々は今はもっと容易い道を歩んでいる

かどこを歩んでいるかは知りません。

しかし、何十年間もそれでも歯を食いしばって耐えて耐えて

耐えぬいた者は、とうとうそう言っているではないでしょうか。

よかったと。あのガンがあったればこそ、あの病や病気があった

ればこそ、悩み、苦しみを背負っていたが故に、ここまで歩み

来ることが出来たと。

今は感謝が出来るとそう訴えるではないでしょうか。

平坦な道を容易い道を歩んで、成長を遂げた人間はこの世に

一人もおりません。

厳しい道を乗り越えた分だけ、皆さんは成長し行けるでは

ないでしょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


愛のみの実在 | 【2006-08-08(Tue) 22:14:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。