プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
愛のみの実在(完)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------


言葉は必ずこの現象の世界に皆さんの肉体を組み立て、

皆さん自身の日々の生活に必ずや皆さん自身が語った通り、

思ったとおり、形作っていくことを知らねばなりません。

じゃあ、すべて皆さんが描いた図面の通りではないでしょうか。

いいも悪いも。

誰のせいでもありません。

だから、図面を描くならば、神の御心から皆さんは引き出した

最高図面を描けるあなた方になってもらいたい。

だから、私、昨日も今日も明日も明後日も、愛という図面を描く

かぎりは、私は常に喜び、常に幸せ、常にやすらぐというでは

ないでしょうか。

では、誰が奪えましょうか。

私自身が愛を描くかぎりは、私は未来永劫に愛を建設し、愛そのもの

を受け入れること他にありません。

決して、神の御心からないものを皆さん引き出して、ないものを

そこに創造し、組み立てるあなたがたになってはなりません。

だから、戦争もテロというああいう事件も本来ないものを誤った

心が、誤ったものが、すべてそれを描いてあたかもあるがごとく

映し見ていることほかにないではないでしょうか。

しかし、実相という本質から見れば、あれさえも幻、あれさえも

幻影、だから、私はこの世は無常世界、この世は影、幻、幻影の

世界。これ、皆さん明想という手段を皆さん訓練すれば、とうとう

この現象の世界は影にして幻、幻影であったと。

本来はないものであったと。

あたかもあるがごとく映し見て、錯覚をしていたんだと。

そこに皆さんも至るでしょう。

早く皆さん一人一人が、その現象という結果の世界が影であり、

幻であり、幻影であることを受けとめれば、必要以上に皆さんは

何に苦しみましょうか。

皆さん、ないものによって、苦しんでいることを知らねばなり

ません。

取るに足らないものを奪い合って、あの世まで、死後の世界まで

持ちかえることの出来ないその仮相なるものに振りまわされて、

何て神から与えられた最高能力を失っていくのかと。

本来は皆さんには、この大宇宙を創造する宇宙そのものの意識が

与えられていることを知らねばなりませんと。

だから、人間、本来無限力と言います。

決して、いと小さき、弱き存在ではありません。

皆さんは、本来は、無限力。皆さん自身に、こなしえない御業なんて

本来はないこと。

それ、はじめから皆さん自身、神は供えて生かしていること。

それが本当の供養と言います。

ほれ、供養というのは、供えて養うと書くではないでしょうか。

じゃあ、皆さんがこの死んだ人間のために何を供養でもなく、

皆さん一人一人が無限の能力を備えて与えられている皆さんが、

神によって生かされ、供養されているのはあなた方であり、我

ではないでしょうか。

我々が誰を供養すると言いましょうか。

皆さん一人一人が神という偉大なる方に、皆さんが無限の能力を

、全知全能なるその力を供えて生かされしことを供養というでは

ないでしょうか。

で、それそのものが本当の遺伝というではないでしょうか。

だから、遺伝を履き違えて、病気や悩みや苦しみを誰彼の遺伝と

勘違いしてはなりません。

皆さんが神から受け継いだ遺伝、皆さんが神から与えられたその

能力、それが最高のすべてであることを知ってもらいたい。

愛のみが絶対実在と我が見れるまで、感じ取れるまで、皆さんの

心に愛を灯して何を見ても、何を感じても、何を捉えても、愛他に

何も見えぬ、愛他に何も知らぬ、愛こそがすべてであったと、そう

言えるように我々は愛一元の中に融合していきたいと思います。

今日も皆さんと共にこの愛ふれあいの会を通して学べたことを心から

感謝いたします。無限という大海の中に融合していけるまで、一人

一人が一人一人のその本当の成長を思い願い我々は、常に手伝い

生きていきたいと思います。

今日も皆さんと共に学べたことに心から感謝します。
--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


愛のみの実在 | 【2006-09-02(Sat) 21:57:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。