プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
宇宙の法則(16)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

一度だって皆さんが覗き見、あるいはかいま見て、その宇宙真理

という本質の世界を皆さん自身が覗き見してみてください。

何だ、この世のものは、すべて色あせて見える。

何て、取るに足らないものに振りまわされてここまで我々は

混乱して生きてきたのか、という境地に達するでしょう。

その時、完全な宇宙の法則として、我が中に内在であったと。

それは皆さん、天国というではないでしょうか。

だから、天国は我が内にあり。

肉体去ってから悪いことをしたから地獄に落ちる。

肉体去ってからいいことをしたから天国に帰るではありません。

今、皆さん自身が心にやすらぎ失わぬ愛の心ならば、愛に満ちた

心であるならば、今即、皆さん天国を味わっているではない

でしょうか。

宮殿に生まれ、金や物や物質や権力に満たされて、優雅に一

転生終えたところで、心に愛が灯されていない、やすらぎも

失っている、そこは地獄ではないでしょうか。

崩れかけたあばら家に生まれ育って、この世の物質や物には

乏しかったでしょうけど、しかし家族の者が常に愛に満ち、

やすらぎを失わぬ心ならば、そこは天国と言えるではないでしょうか。

だから天国は、地獄は、皆さんの心の状態と私は申します。

今、皆さんがやすらぎ満ちているならば、そこは天国。

憎しみやそしりや怒りやネガティブ、消極、破壊的に満たされ

ているならば、そこは地獄。

じゃあ、天国は死んでからなのか、地獄は死んでから至るのか。

今の今、我々の心の状態であることを皆さんに知ってもらいたい。

だから、天国はどこから来るのか、皆さんの内からと申します。

愛を灯してください。

常に皆さんは美しい心に、我々の口は常に愛を語るために、

この目は常に真実なる美しさを見るために、この耳は常に真実の

言葉を愛の言葉を聞くために、この肉体という手足は、五感という

器官は常に真実なる愛の生き方をせんがために与えられた表現体

であって、恨んだり、ねたんだり、そしったり、嫉妬をしたり、

怒ったり、裁いたりではありません。

なるがゆえに、今の世の中は末法化したではないでしょうか。

尚もそのように我々が生きるならば、とうとう地球という神の体は、

真っ暗いその波動に覆われて、とうとう身動き出来ない状態で、

地震で身震い、台風で荒れる、とうとうあげくのはてにそれでも

浄化できぬならば、沈没という形を取っていくではないでしょうか。

だから、アトランティスというあの当時も非常に物質文明は、

今以上に栄えていたと言われています。

今は石油だとか石炭だとかガソリンとかディーゼルとかそういうものを

エネルギー源として機械や道具を動かしましょう。

しかしあの当時は宇宙生命エネルギーそのものですべてを動かした

時代だったといいます。

それでも心伴わない者のために、一夜にして滅んで去っていった

ではないでしょうか。

で、またイタリアのローマのボンベイというあの町も一夜にして

灰の下、5メートルも灰の下に埋まったというその体験も我々は

決して失ってはなりません。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


宇宙の法則 | 【2006-10-01(Sun) 21:02:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。