プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
霊は宇宙生命
覚者の方々の講話を自分自身の戒めとし、まとめてみました。

----------------------------------------------

よく死者の霊が出たと言って、怖がる人がいますが、

霊とは何のことでしょうか?

また、日本では、水子の霊とか、何々の霊に

祟られると言い、何何供養をしている人がいますが、

霊とは何のことか分かっているのでしょうか?

霊とは、あそこにいる、ここにいるとか、

そういったものではないのです。

霊とは、至る所に遍満する宇宙生命のことを霊というのです。

霊は、万物の源、エネルギーそのものであり、霊なくしては、

何者も生きることはできないものなのです。

霊をおそれることはありません。

霊を怖がることもありません。

あなた自身が、霊そのものであり、あってあるものすべてが

霊なのです。

死んだ人が霊になるのではありません。

霊がさまようこともありません。

目に見えないわたしたちを生かしている源こそが、霊なのです。

死んで仏になるのではありません。

我々は成仏するようにとお葬式をあげる人が大半ですが、

死んで仏になることは、ありません。

生きていながら仏にならずに、どうして、死んでから仏になると

言えるでしょうか?

霊に生きてこそ、成仏となるのです。

「この世は、死人がごろごろしているところである。」

とイエス様がおっしゃられたのは、霊として生きていない人のことを

指すのです。

「死人は死人に葬らせよ。」とも言われたのです。

みなさんは、自分自身が霊であることを自覚する必要が

あるのではないでしょうか?

霊は、この世にひとつです。

霊は、宇宙にひとつの大霊です。

霊は、神、仏、そのものです。

霊は、生命そのものです。

我々は、血や肉、姿、形に属するものにあらず。

我は、霊なり、神なり、生命なり。

と言いなさい。

-----------------------------------------

感謝
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-01-27(Fri) 12:59:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。