プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
自覚とは
覚者の方々のご講話を自分自身の戒めとし、まとめてみました。

----------------------------------
自覚とは、何でしょうか?

自分に目覚めると書いて、自覚と読みますが、

みなさんは、目覚めていると言えるのでしょうか?

わたしは、目が覚めています、起きていますよと人は

言いますが、本当に目覚めている、起きていると、

言えるのでしょうか?

見て見ず、聞いて聞かず、言って言わずとは、

みなさんの象徴ではないでしょうか?

自分に目覚めるとは、この肉体が本当の自分ではなく、

全一体であるこの宇宙生命こそが自分であると、

霊に生きることこそが、本当の目覚めではないでしょうか?

まだまだ、みなさんは、眠った状態です。

「目覚めよ。」

本来の自分に目覚め、私は、肉体でもない、人間でもない、

幽体でもない。

我は、神なり、愛なり、生命なり。

と言える皆さん方に早くなってほしい。

いつまで、この肉体が自分であると、また私は個人ですと、

言うのでしょうか?

あなたが、いくら個人ですと言ったところで、

宇宙生命である事実は否定できません。

いつかは朽ち果てるこの肉体を自分、自分と見るのではなく、

永遠なる生命を自分と見て、生きようではないでしょうか?

この宇宙生命が自分であった、永遠なる生命こそが自分であったと

宇宙即我、我即宇宙と、実感することこそが、

この世に生まれてきた唯一の目的ではないでしょうか?

そのためには、すべてがひとつである、今まで、わたしがわたしが、

と自我で生きていたのを、わたしわたしと言っていたが、私という個人は

存在しなかった。

全は一、一は全である。

わたしたちは、ガラスである事実を否定できないのに、

わたしはコップです、わたしは個人です。

と言っているのです。

内観しなさい。臆念しなさい。

わたしたちは、この目で見えるが故に、分離感を持つのです。

目を閉じて、意識の中に入りなさい。

この訓練を継続して、我のものとしなさい。

神の道とは、細く長いものなのです。

わたしは、この目に見える自分がではなく、

目に見えない生命こそが自分であったと悟りなさい。

永遠なる生命を掴みなさい。

永遠なる我として生きなさい。

永遠なる神の太陽となりなさい。


--------------------------------

感謝
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-01-28(Sat) 16:58:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。