プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
無題1(1)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

皆さん、こんばんわ。

まあ、一番今、世に大切な愛の伝導体となって皆さんが放った愛に

心から感謝致します。

まさに皆さんが今放った愛そのもの。

それが全世界へ夜明けを迎えさせる引き金となっていくだろうと。

で、今日、私、朝受けたメッセージが来年はこれ以上にもっと

厳しい愛のエネルギーが注がれていくだろうと。

統合のエネルギーとして。

で、それに皆さんが乗っていけるあなた方であるためには、皆さんが

愛であらねばならぬと。

だから沖縄からここまで今まで皆さん自身が共に学んできたことは、

その愛の波動に乗っていけるあなた方であるように訓練を受けて

きたんだと、私、今日の朝の明想で言われました。

だからなおも分離、区切り、差別で私だけというその我なるものは、

すべて焼き尽くされていくだろうと。

もう今年も残されたあと何週間何日、徹底して皆さんがその中に

愛を皆さん自身が放てるあなた方になってもらいたい。

これこそが真の愛の伝導体と皆さん自身が放っている姿ではない

でしょうか。

そうあるためには皆さん自身が一瞬一瞬、常に大愛の中に融合した

あなた方。

大愛の中に融合せずにして愛の波動を放ち得たものは一人もいない。

まさか偽我で皆さんに愛を見よ、愛を感じ愛を生きよと言ったって、

誰が出来たでしょうか。

だからこそ明想という手段を通して、自らの本質が神として無限の

愛である実感は常に皆さん自身が融合していかねばならぬこと。

明想という手段は、金も要らずに皆さんにいつでも使いいかせる

ように、皆さんの周りにいつでも置いて下さっているではないで

しょうか。

もちろん、瞑想を多額な金で売り買いしようとしるグループも

います。

瞑想を教えてさあ何百万、何十万、何の瞑想かと。

果たして明想は多額な金で買うもののが明想なのか。

皆さん自身が今の一瞬一瞬、我は愛なり、すべては愛なり、愛という

意識から放つその愛のバイブレーション、愛のエネルギーを放射して

いるならば、それこそ本当の伝導体、愛の明想の姿ではないでしょうか。

だから私は常にこう言います。

明想はあえて何時間、何十時間も目を閉じて座っていることが明想

ではないんだと。

皆さんが真の明想を実感して、その中に融合したときは、生活その

ものが明想。

なぜならば、その者は、駆け足をするにも、友達と語り合う中にも、

食事をするにも、仕事を為すにも、すべて愛という愛の中に、すべて

事為しているからであると。

これは私ごとで、ちょうど先月、このクラインガルデンの響愛を

前にして、私、強烈な光の中に融合しました。二回ほど続けて。

で、まあ先月は本当にかすれた声で声も出ない状態で、皆さんに

迷惑を掛けたことを非常に心からお詫びします。

で、その状態で、今、私自身の肉体に変性、変容が起こって、

この肉体そのもの、本当にこの現象の世界に置いているのかと。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

実際の光話をお聞きになりたい方は、「愛の伝燃」

をご覧下さい。


スポンサーサイト


無題1 | 【2006-12-12(Tue) 20:28:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。