プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
天国と地獄
覚者の方々のご講話を自分自身の戒めとし、まとめてみました。

-----------------------------
地獄は実在ではありません。

みなさんが、勝手に心象でつくりあげただけのものです。

よく、地獄に堕ちるぞと宗教家たちは、教徒を脅かしますが、

地獄とは、何でしょうか?

また、天国とは何なのでしょうか?

死んだ後に、番人がいて、良いことを行ったものは天国、

悪いことをしてきたものは地獄とかいいますが、

本当のことなのでしょうか?

地獄とは、私は肉体です、個人ですと、このいつかは

朽ち果てる肉体を自分として生きているものを地獄と

言います。

ですから、皆さん方は、肉体です、個人です、

と言っているのなら、

既に地獄に生きているわけです。

逆に、天国とは、私は一個人ではない、生命そのものであり、

霊そのものであり、愛そのものであると生きている人は、

天国の住人です。

地獄に生きているのなら、苦しみ、悲しみ、悩みは、

いつまで経っても消えることはありません。

みなさんが、すべてはひとつなりと生きるのであれば、

この世にいながら、即天国にいるのではないでしょうか?

「心を入れかえ幼子のような者にならなければ、

天国に入ることはできない」

とイエス様は言われました。

幼い子供のように、心を純粋にしなさい。

心をみなさんは、洗わなければなりません。

心を洗うこと、これを洗霊というわけです。

心を入れかえ、地獄の住人から、

天国の住人へと移り住もうではありませんか?

この肉体をいつまで、みなさんは、自分自分と言い張るのですか?

イエス様は、

「二度と生まれてきてはならない。」

と輪廻を否定されました。

肉体をもちながら、我生命なりと思うだけで、

皆さん方は、天国にいるわけです。

これを実感しなければいけません。

知識は悟りにあらず。

知識は所詮、知識でしかありません。

本で読んだもの、聞いたもので、悟ったと思わぬように。


皆さん方は、これを実感し、体感し、

自分のものとしなければなりません。

歩むのは、みなさん自身です。


実感し、体感したとき、

そのとき、知識が知恵に変わり、知恵の泉から

無限に必要なものを取り出すことが出来るでしょう。


道は示すけど、歩むのはみなさんがた一人一人が

歩まねばならないのです。

このお迎え人がいる間に、歩みなさい。


聖書には、

十人の乙女が花婿を待っているたとえ話があります。

そのうちの五人は愚かでともし火のための油を

用意していませんでした。彼女たちが油を買いに

行っている間に花婿は到着して、

婚宴の席が始まり、戸が閉められてしまいました。

愚かな花嫁たちは油を手に入れて戻っても

中に入れてもらえませんでした。

とあります。


このような愚かなものになってはいけません。

みなさん、いつお迎えが来るか分からないのですから、

後で後悔しないよう、一瞬一瞬を大切に生きなさい。

後から、あのとき、もっと学んでおけばよかった、

もっと真剣にしておけばよかったとならぬよう、

常に神へ意識を向けていなさい。

------------------------------

感謝
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-01-29(Sun) 19:49:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。