プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
愛守心(13)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

それを限定し、制約し、束縛することにおいて真の能力を見失った

だけしかにすぎぬこと。

それを皆さんはまた明想という手段を通して、自らが無限であり、

それは偉大なる能力であったと、それを皆さん自身が思い出さんが

ために、明想という方法を通して内面へ内面へ、自らを探求してきた

ではないでしょうか。

我は無限なり。

決していと小さき、弱き存在があなた方ではありません。

すべての宿題にすべての試練に如何なる厳しさにも、喜び、微笑み、

笑いながら、立ち向かっていける本当の勇者になってもらいたい。

現に皆さんにはすべてを乗り越える愛の剣が与えられているでは

ないでしょうか。

その愛の剣で乗り越えられない宿題、試練なんて、どこにも存在

せぬではないでしょうか。

我々は今、地球の抱えているそのネガティブな波動、皆さんの愛の剣で

それをすべて打ち消さんがために、愛の波動でこの地球を満たさんが

ために、万物の霊長として皆さん、存在であることを見失ってはなり

ません。

自らを自覚してほしい。

自覚とは自らに目覚める、自らが神であり、自らが真理であり、自らが

愛であることに目覚めてほしいと。

神はだから一瞬たりとも、皆さん自身の心の扉を叩かぬことはありません。

自らに目覚めよと、自らの心を開きなさいと。

小さな自分を捨てなさいと。

神の偉大なる光に目覚めよと。

それは誰が聞きましょうか。

この現象という物質に振りまわされている限り、神の天啓を全く同じように

叩かれていても同じように天啓が下されても、我々はなぜ聞こえなかったのか。

あまりにもこの世の物質そのもので満たしすぎたからではないでしょうか。

真実の天啓を聞くために、皆さん自身のその心を精一杯皆さん自身が

愛である神に常に向けいかなければなりません。

綺麗なお月様を映し見るためにも皆さん自身の心という鏡を綺麗に磨き

いねばならぬではないでしょうか。

汚れた鏡にはこのおぼろげに映ることであって、はっきりと美しい

姿を映し見るためには、綺麗に磨かねばならぬではないでしょうか。

だからある男性が何百万、何千万というお金を使って宗教をはしご

した。

しかし今だかって、自分が変わっていく様子もない。

で、また神を自覚したこともない。

とうという最後にこの学びに出会ったときに、ヒントを与えて欲しい

と言われました。

ヒントは与えましょう。歩むのはあなただよと。

じゃあ、そのヒントはあなたは今まで色々な宗教で真理、真理を

追いかけてきたけど、あなた自身その真理を読み取る、映し出す、

その真実なる心の鏡は磨いてきたのかと。

あなたはまず鏡の前になぜ立つのかと。

自分自身のその髪をとくために、女性ならば化粧するために、鏡

の前に立つといわれます。

じゃあ、自分の姿を映し見るために鏡の前に立つと。

じゃあ、私がその鏡を汚したならば、あなたは何をするのか、

どういう作業をするのかと。

その汚れた隙間には決しておぼろげに自分自身の顔をはっきり映し

見ることが出来ぬが故に、まずその鏡の磨きからやるだろうと。

何のために、自分の姿をはっきり美しく映し見れるために、鏡を磨くと

言われます。

じゃあ、真理、真理、真理は追いかけてきたけど、真理を聞いて

よかった、本や書物を読んで素晴らしかった、そうは言うけど、

じゃああなたはその真理を映し見る心という鏡は磨いたことは

あるのかと。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

実際の光話をお聞きになりたい方は、「愛の伝燃」

をご覧下さい。



多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング



スポンサーサイト


愛守心 | 【2007-03-21(Wed) 20:04:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。