プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
無題3(2)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

それは皆さん自身が想像も出来ぬ無限の知恵、無限の力、無限に

無限の愛に満たされたものを本当の聖人。

だから人である限りは、生まれて死ぬまで人。

何もその成人式なんて迎える必要もありません。

しかし皆さん自身が人生きるというその生なるものから、

神生きているんだ、命生きているんだというそこに皆さん自身が

目覚め生きるのとは、先ほど○○さんが言われたように、天地の

差を分けるだろうと。

人間が生きているのと、我は命なり、命が生きているのとは天地の

差があります。

なぜ?人間なんて、命から離れて一瞬たりとも生きることは

出来ません。

人を通して生きているのは、命なり。

命を皆さんが自覚、命に目覚めて生きることが出来るならば、

それははかり知ることの出来ない、無限の知恵と無限の力と

無限の愛を。

これは私自身も沖縄に生まれて、神は神棚、仏壇、祭壇と親からも

教われてきました。

で、また南米に移住したときは、向こうはまたキリスト教ですから、

神は教会にましますと教えられてきます。

なぜ、国の違いにおいて、神の居場所が違うのかと。

じゃあ、神はどういう姿をしているんだと。

神はどこに存在するのかと、沖縄では神棚、仏壇、祭壇と言うし、

南米では教会というし、様々な場所では、神棚、仏壇、祭壇とか、

神社、仏閣、お寺、宮だとか。

じゃあ、神はどういう姿で、どういう方法でその場所場所に存在

しているのかと。

この神が知りたくて、あるいはまた神という神を説く者からすれば、

神が上だ、仏が下だ、でまた、仏を信仰している者からすれば、

仏が上だ、神が下だと。

じゃあ、神と仏はどっちが上なんだろう。

神仏はどう違うんだろう。

神、仏はどこにどういう姿でましますものか、もう小学校から私は

それが疑問。

だからこの世の学びなんて、そう私にとって価値もないこと。

で、また魅力も感じません。

この宇宙の神秘さ、地球の不思議さ、誰がも答えてくれなかった

ことに私は興味がありました。

で、その状態で私も南米から沖縄に帰ってきて、あの真栄田岬で

十何年間も夜中の十二時から明ける四時まで、神を追求して

神を見つめて、常に自分自身の、今に思えば内観とか、明想という

手段だったかもしれない。

で、その内観、明想を通して、自分自身がそれを意識そこに

求めていくことにおいて、私は内からの声を聞きました。

我は神なり、我神なるが故に、無限の知恵、無限の力、無限の

愛の泉、宝庫、我が内にありと。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング



スポンサーサイト


無題3 | 【2007-06-06(Wed) 23:29:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。