プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
無題3(3)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

なぜ、私が神なんだろうと。

じゃあ、なぜ私が神なのかと、またそれを追求したときに、

神は命なり。

神は真の理、真理、真の理なりと。

じゃあ、真の理は、我々は決して盲信狂信偶像崇拝することではなく、

その真の理を愛として慈悲として、なるほどイエス様が神は愛なり、

お釈迦様が仏は慈悲なり、と言ったのはその意味だったのかと。

すべてをいたわり思いやり、美しく正しく生きることそのものが、

それが神を生きるという意味だったことを知りました。

だから一人一人がどんなに神を否定していても、神に生かされている

事実は誰も否定することは出来ません。

花々が美しく咲き誇っていることも、それは神の現れ。

皆さんの足下に蟻一匹這っていることは、それも神の現れ。

じゃあ、我々はあえて神社、仏閣、お寺、教会、宮を探さずとも

どこかの宗教に籍を置かずとも、皆さん自身がいる場所、おる場所

で、そこに神を実感し、見ること体験することが出来るではない

でしょうか。

そのために皆さんが心という鏡を美しく磨きさえすれば、皆さん自身

の心を全ての執着から解き放って、恨み、妬み、誹り、嫉妬、怒り、

裁き合い、そのような心の状態を皆さんが克服できるならば、

神は皆さん自身の中に、命として、真理として、宇宙エネルギー

として、内在していたことを見いだすことが出来るでしょう。

決して神を外に求むるなかれ。

神は我が内にありと。

今までの聖人の方々が説いたのはその意味ではなかったでしょうか。

神は愛として、神は知恵として、神は力として、今即皆さん一人一人

の中に生きているならば、皆さん自身がぶつかっているその障害を

ぶつかっている試練を乗り越えられぬわけがないではないでしょうか。

乗り越えることが出来ぬと言うならば、それは皆さん自身が真の自分

を信じていない結果ではないでしょうか。

真の自分とは、この弱き肉体が自分と説いているではありません。

真の自分とは、無限の能力を持ったあなた方。

真の自分とは、無限のすべてを包含したあなた方ではないでしょうか。

いと小さき、弱きあなた方があなた方ではありません。

宇宙そのものであるならば、宇宙を超えた無限の存在であるならば、

どんな問題でも、喜び、微笑み、笑いながら、乗り越えいける

あなた方という意味を知って貰いたい。

だから私、去年の一年365日振り返っても、この何十何年間

振り返っても、我は命なりというその本質を見いだしてからは、

一秒たりとも悩んだり、苦しんだことも、この肉体が調子悪かった

ことはないと言います。

皆さん自身が真の自分から道をずらし生きている限り、苦しみ

もがいていることを知らねばなりません。

それは私、皆さんが正しい道に正すことを光明路と申します。

路は皆さん自身がもう本当に神に与えられた路を沿って生きる

ことが出来るならば、誰が苦しみましょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング



スポンサーサイト


無題3 | 【2007-06-09(Sat) 21:56:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。