プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
無題4(13)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

だから私達はお父さんとお母さんを縁にしてこの肉体船を

頂き、一時遊んで年頃に来て結婚して子供を産んで、あとは

年老いて死ぬのを待つ人生ならば、何の価値もないという

ではないでしょうか。

むなしい人生というではないでしょうか。

むなしい人生を終えるための一転生ではありません。

今生こそは我々はすべてのすべてあってあるものの中に、

神の実在を見れる自分、これが正しく見るではないでしょうか。

すべてに神を語れる自分、我は神なり、あなた方も神なり。

と、見れる、語れる、聞ける、だから我々のこの目、耳、鼻、口

、その五感というものは、決して人を悪く見るための目でもなく、
人を非難、批判するための口でもなく、人の怒りを聞くための

耳でもなく、何の為に、神はその五感というものを与え

下さったのか。

すべてに真実なる美しき愛の神としての実在を見よと、

その目が与えられ、この口は常に真実なる愛の言葉を語る

ための口であり、常に神のメッセージ、天啓を愛の言葉として

受け止めるための耳ではなかったでしょうか。

しかし、今の人間はどうなのか。

言いたい放題、思いたい放題、やりたい放題。

誰が傷つこうが、誰が苦しもうが、誰が悩もうが、なるが

故にとうとう自分自身がその波動を跳ね返り、自分自身が

受け止めて、苦しみもがいて体験しているほかにないでは

ないでしょうか。

だから誰彼のせいで苦しい、誰彼のせいで悩み、誰彼のせい

での不調和ではありません。

全て一瞬一瞬狂いなく、全て己自身の意識した現れである

ことを知ってもらいたい。

正しい言葉、正しい思い、正しい表現、その中に皆さん

自身が自らを完成させた時に、そこに定めに入るは明想

という内観というそれを教え説いてきたではないでしょうか。

だから御釈迦様も最初から明想せよ、内観せよとは教え

説いてはおりません。

八正道というものさしを徹底してこなした暁は、最後に

定めに入るを教え説いたことであって、欲望の心を持った

ものに明想を教えたものではないんだと。

だからインターネットを通しての明想というものは、

非常に危険が伴うことであることを知らねばなりません。

もちろん、その一人一人が心が調和された意識状態で、

それを使い活かせることが出来るならば、それは正しく

完成に導くでしょう。

しかし、心が貧しきものを皆さんどう言いましょう。

心貧しき者よ、災いなりとも言っているではないでしょうか。



--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。



多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング



スポンサーサイト


無題4 | 【2007-10-23(Tue) 23:26:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。