プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
悟空とは?
覚者の方々のご講話を自分自身の戒めとし、まとめてみました。

---------------------------------------------------

皆さん方、空とは、一体全体なんでしょうか?

空とは、見えるものでしょうか?見えないものでしょうか?

空とは、見えないものです。

しかし、この見えない空がなくして、

万物の存在はありえましょうか?

皆さんがたから、この見えない空がなくなったとしたら、

その瞬間に死人、死体となるでしょう。

この肉体は、空なくして、見えないものなくして、

存在は不可能だということが分かるでしょう。

このことをお釈迦様は、色即是空、空即是色と

言われたのです。

色と空は、一体である。見えるものと見えないものとは、

一体であると、言ったわけです。

この肉体から、命がなくなれば、肉体が語りましょうか?

肉体自らが話しましょうか?死人に口なしです。

そのいつかは朽ち果てる肉体が自分なのか?

それとも永遠不滅の命が、空が、自分なのか?

皆さん方は徹底的に追及せねばなりません。

たとえでいうならば、ここに氷があります。

この氷は、皆さん方には見えますね。

この氷は固体ですが、バイブレーションをあげますと、

水という液体になるわけです。

それをまたバイブレーションをあげますと、水蒸気という

気体になるわけです。

氷、水、水蒸気と変化しますが、そこに何の違いがありますか?

氷は、水蒸気、すなわち見えないものの現れではないでしょうか?

すべての固体、物質は、見えないものなくして、

存在は不可能ではないでしょうか?

あなたがたも、この肉体が固体ですが、この肉体は、

空、すなわち見えないものの現れではないでしょうか?

まさか、氷と私たちとは、違うというのでしょうか?

この世の鉱物、動物、植物、人間、すべてのすべてが、

見えないものの現れではないでしょうか?

だから、神はすべてのすべて、あってあるもの。

神がすべてを造り、神がすべてに宿りたもうなのです。

今の今も墓場に向かっているこの肉体を、我として生きるのか?

それとも永遠不滅の空、命を、我として生きるのか?

皆さん方は、選択していかねばなりません。

瞑想、内観、臆念を通じて、永遠不滅の空こそが、我であったと、

永遠不滅の生命が、我であったと、あなたがたが悟ったとき、

悟空となるのです。悟空です。

孫悟空が、どこまで行っても、三蔵法師の手の中にいたというのは、

あながたがは、いつどこでも、神の中にいるという

象徴ではないでしょうか?

いつでも神の大愛のなかにいるわけです。おるわけです。

ただ、それに気づかないあなた方。

神の中におりながら、無知・迷い・盲の人生を歩むあなたがた。

そろそろ目を覚まして欲しい。

皆さん自身のこの幾転生の旅はなんのために、

無知・迷い・盲の自分から、無力の自分から、真実なる我を神として、

自らを悟り行くまで、続きいくことをしってもらいたい。

しかし、すべて一切を克服したときに、本当に本質である我は真理なり、

真なり、あるいは様々な表現で神、命、空という表現をしましょう。

我は真理なり、と生きるまでは、真理に目覚める生きるまでは、

完成されたものは一人もいません。

どんなに地位・名誉・富・金に満たされても、

この世を優雅に終えたところで、自らが真理であることを見失って、

無知の人生、盲の人生、迷った人生として終えていっただけ。

みなさんがた、あの世に行って、私はこの世では、大統領を

してました、または総理大臣をしてました、または世界一の

大富豪でしたと、威張れるものは一人もいないんだと。

天なる父は、そのようなものに対して、それであなたがたは、

真なる我として生きたのか?すべてのすべてを愛したのか?

と問うでしょう。

それができていなければ、またこの世へ舞い戻ることでしょう。

それは、課した宿題をやり残したからにすぎないんだと。

この世で大きいものは、あの世では一番低いものである。

皆さん方は、わたしの話を聞いて、それを自らが実感せねば

なりません。

どんなに話を聞いて、または本や書物を読んで、素晴らしかったと、

言ったところで、それは絵に描いたぼた餅信仰ではないでしょうか?

その絵に描いたぼた餅は、みなさんがたのお腹をいっぱいにする

ことはありませんと。

ぜひ、皆さん方は、それを味わって欲しい。

実感して欲しい。瞑想を通して、体験してほしい。

そのとき、皆さん方は、我神なり、我空なり、我命なりが、

自分のものとなり、悟空そのものとなるのです。

多くの悟空が、誕生されんことをお祈りして、この話を

終わりにしたいと思います。



--------------------------------------------

感謝


スポンサーサイト


未分類 | 【2006-02-12(Sun) 07:17:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。