プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
昇天・成仏とは?
覚者の方々のご講話を自分自身の戒めとし、まとめてみました。

---------------------------------------------------

我々人類は、未だに、人が死ぬと、成仏しますようにと、

天に帰りますようにと、お坊さんがお経を唱え、戒名したりと、

子供のお遊びのようなことをしているのです。

意味も分からないお経をみんなで唱えて、肉体を去った魂も、

そのようなお経の意味も分からないでしょう。

意味の分からないお経を唱えて、何の意味があると

いうのでしょうか?

また、名前を変えて、成仏するのなら、みんなこの世に

いるときに、名前を変えて、成仏することになるでしょう。

しかし、生きながらにして、生きているときに、成仏せずして、

昇天せずして、どうして、死んでから、成仏・昇天できましょうかと?

お坊さんも、真理を悟っているのなら、お布施やお経を唱えて、

人様からお金をもらうようなことをしないでしょう。

イエス様は、このことを次のように強烈に言い放ちました。

「死人は死人に葬らせよ。」と

死人とは、真の自分に目覚めることなく、この肉体を

我として生きている人のことを、死人と言ったのです。

死人は死人に葬らせよと。

みなさんがたも真の自分に目覚めることなく、この肉体を去れば、

成仏・昇天に至らず、また迷いの世界へと、舞い戻るでしょう。

成仏とは、仏に成ること。

昇天とは、天に昇ること。

それは今の今、我無限なり、我神なり、我仏なり、我宇宙に遍満する

宇宙生命なりと、思うこと。

それは今の今、皆さん方、可能なんですよ。

今の今、成仏、昇天することが、可能ですよと、私は言いたいのです。

実は、皆さん方には見えませんが、この私の話を聞きに、

幽体を持った方々、肉体を去り、天に帰ることができなかった方々が、

幽体をまとい、ここに集まってきています。

この話をいかに、肉体をまとっているときに、肉体を去る前に、

聞きたかったかと、涙を流しながら、私の話を聞きに

集まってきています。

肉体を着て、生きているときに、この話が聞ければと、

私の肉体の父親もここに集まってきていますが、

もう顔を上げることもできません。

彼らは、また幽体に寿命が来れば、この世に生を受けることに

なるのです。

また、この厳しい地上界で、一からやり直すことになるのです。

この地上界がいかに厳しいものなのか、皆さんもご存じだと思います。

こういった話をするのは、わたしは本当にいやなのですが、

わたしは、この世に、道を示すために、やってまいりました。

天上界から、この地上界へと、私が、先生役をしてきますと、

かって出て、参ったものなのです。

そうでありながら、私自身、40年間も、この見える肉体、物質、

個人に惑わされ、使命を忘れ、自我で生きてきてしまいました。

いかに、この見える世界を打ち破ることが難しいか?

もうすでに、以前に、その体験をしているものでも、

再び、この地上界で、やり直すことは、本当に厳しいものなのです。

私自身も体験をしておりますので、よく分かっています。

今、神への道が示されているときに、皆さん方には、真剣に

学び歩んで欲しい。

今、天なる父へのもとへ帰る道が、案内人によって、示されている

ときに。

今、迷う羊たちを、正しい方向へと導く羊飼いがいるときに。

難しいことは、よく分かっています。

やるのかやらないのかは、みなさんの選択です。

神は、その自由意志を犯すことはできないからです。

個人なのか、生命なのか?

肉体なのか、霊なのか?

物質なのか、エネルギーなのか?

皆さん方は、徹底して、自分に自問自答してほしい。

よく、わたしのもとへ来て、質問をする人がいますが、

わたしは、一切、質問を受け付けません。

わたしが言ったことを、うのみにして、答えにして

ほしくないからです。

答えは、どこにありますか?

答えは、人から聞いた答えが、本当の答えですか?

人に言われたことを、自分のものにするのですか?

答えは、汝の内にあり。

真理は、汝の内にあり。

神の国は、汝の内にありです。

皆さん方は、神への思いを、四六時中、神を想うことです。

認めるものは、現れます。今すぐにです。

神を認めるものには、神が現れます。

霊を認めるものは、霊が現れます。

愛を認めるものには、愛が現れます。

1日1時間の瞑想をするだけではなく、

皆さん方は、四六時中、神への思いを貫き通して欲しいと

思います。

四六時中、神への思いです。

それが成就したとき、皆さん方は、聖者、大師となるのです。

そして、兄弟姉妹に手を差し伸べる偉大なる魂となるのです。




--------------------------------------------

感謝


スポンサーサイト


未分類 | 【2006-02-13(Mon) 12:51:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。