プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
生命は天、肉体は地(1)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

今回はご講話をそのまま掲載させてもらいます。

わたしが十数年前に学んだ思い出深い講話を掲載します。

---------------------------------------------------

今日は生命は天、肉体は地、天地一体といいまして、

生命と肉体の関係、天と地の関係、そして、天は陽、

肉は陰について、ご説明致します。

生命と肉体の関係を陰陽の法則といいます。

すなわち天地の法則、天地一体といいまして、肉体という物質は、

天というエネルギーから離れることはできない。

天は男性原理、地は女性原理。天の父、母なる大地。

みなさんがたは、このバランスを取れば、病気になる必要はないと。

肉体はエネルギーですか、物質ですか?

物質です、生命は、エネルギーです。

生命エネルギーと肉体という物質は、不可分であると。

しかし皆さん方は物質主義となって、生命エネルギーをまったく

無視して生きようとする傾向があると。

ということは、陰陽のバランスが取れていないということなんです。

そのバランスの取れた人のことを愛の人といいます。

ではみなさんは、バランスですか?アンバランスですか?

アンバランスだということは、不調和だということ。

神は愛なりといいまして、そのエネルギーとその物質とのバランスが

取れれば、完全であると。すなわち、病にかかることはないと。

でもまだまだ皆さん方は、この肉体という地にすがみついている。

すべて物質だと考えているんですね。

これをみなさん、物欲、色欲と言っているんですが。

エネルギーなくして、物質は存在できますか?

そのエネルギーの世界を、みなさん天界と言っているんですね。

天は汝の内にあり。エネルギーの世界。

すなわち、エネルギーの世界は男性原理、物質は女性原理。

だから、受け身になりなさいと。

だから、みなさんがたが、物質にしがみついていることは、

色、陰影にしがみついていると。色、陰影に取り憑かれていると

いう意味なんですね。色情に溺れていると。

だから、みなさんがたは、物的存在なのか?生命の存在なのか?

で、その生命というのは、宇宙にいくつありますか?

ひとつしかないんです。

大生命のことを大天と言っているんです。

天地一体と。天は男性原理、地は女性原理。

この天と地の一体感をなさねばならないんですね。

みなさんは、まだまだ分離間を持っているのです。

この天は汝の内にありということは、生命は汝の内にあり。

エネルギーは汝の内にありと。

その生命は大生命ですから、大天なのです。

肉なる我が生命の我に帰ることを、天に帰ると言います。

その大生命のことを大我というし、宇宙生命のことを宇宙我と

いいます。

これは久遠ですから、久遠我ともいいます。

生命には、はじめもないし、終わりもないんです。

この肉体という物体は、宇宙生命の働く場であり、

働く道具にしかすぎないのです。

で、宇宙生命のことを宇宙エネルギーと言うんです。

無限生命のことを無限エネルギーと言うんです。

だから、神は力なりき。

これは宇宙力を得ると、無限エネルギーを得ると。

これは、わたしは物質です、肉体です、これを自分だと思っていて、

無限エネルギーを得たものは、ひとりもいません。

天の声といいまして、声は、肉に属するものですか?

天に属するものですか?

声、天より来たれり。

その声は、命に属するものであって、肉に属するものではないのです。

すなわち、死人に口なし。物質に口なしなんですね。

死体に言葉はありません。言葉は、命、すなわち生命なんです。

言葉は力なりき。エネルギーなりきなんです。

なぜ、そうなのかといいますと、この肉体というのは、

物質で出来ています。

物体です。しかし、この物体だけでは生きることが出来ないんです。

そこに生命というエネルギーが宿って、はじめて、これは生きるものと

なるわけです。物質に声がありますか?

その生命は天ですから、天の声と言って、生命から語ることは、

天の声。声、天より来たれるというのは、生命より来たれりと。

で、天使というのは、みなさん、肉に使えるものは天使ですか?

生命に使えるものをこれを天命といいまして、天は命ですから、

天命を全うするということは、肉我に生きることですか?

命に生きることですか?

命に生きよであって、肉に生きよではないのです。

みなさんは、肉体を我として生きているのなら、あなたは天命を

全うしていません。

だから、イエス・キリストも、命に生きよ、生命に生きよと

言ったんですね。

イエス・キリストは、我、生命より語ると言ったんですね。

みなさんは、肉で語るわけですから、闇の声となるんです。

天の声というのは、内なるもの。生命は、内なる自己。

肉は、外なる自己なのです。

どちらが本物ですか?生命と肉と?

これは大生命ですから、これが本当の自分なんですね。


(明日に続きます)
--------------------------------------------

今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


生命は天、肉体は地 | 【2006-03-03(Fri) 18:33:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。