プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
生命は天、肉体は地(3)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

今回はご講話をそのまま掲載させてもらいます。

わたしが十数年前に学んだ思い出深い講話を掲載します。

---------------------------------------------------

だから、天というのはエネルギーの世界、地というのは、物質界と

いっているわけです。だから、天に帰るというのは、

エネルギーの我に帰るということなんです。

エネルギーは全宇宙に遍満しているわけです。

だから、エネルギーの世界には、内外がないわけです。

生命には内外がない。大きい小さいがないんです。

高い低いもないんです。

だから、神は無差別であり、平等であるんです。

エネルギーがここにあるんだ、あそこにあるんだと言ってはならぬと。

すなわち、神がここにいるんだ、あそこにいるんだとは

言ってはならない。神は、無形無双の宇宙エネルギーなんです。

すなわち、神は力なりき。エネルギーなりき。

では、この世の中には、エネルギーを宿さないものは一物もないわけ

ですから、神を宿さないものは、一物もないんです。

エネルギーを宿さなくて、ものは絶対に存在することは

できないんです。だから、存在の本源は、神であると。

すなわち、生命であると。

生命がなかったとすると、この物質界は存在できますか?

鉱物も動物も植物も人間も、すべて生命がまとっている衣装に

しかすぎないんです。すなわち、仮相世界なんです。

生命は実相世界です。

で、皆さん方は、この偽物は見ることが出来るが故に、触ることが

出来るが故に、どうしてもこれを我だと信じてしまうわけですね。

肉体を自分だと信じている人のことを盲信家・狂信家というんです。

生命を我だと信じている人は、真の信仰なんです。

だから、外なる信仰を捨てなさいと。

外なる自己と内なる自己とどちらが本物ですか?

生命は内なる自己、肉体は外なる自己なんです。

では、お釈迦様は、外なる自己を見よと言いましたか?

内なる自己を見よと言いましたか?

内観せよと言ったんですよ。

内は生命、外は肉体となっているんです。

天地一体というのは、生命と肉体は一体であると。

だから、天と地は、不可分であると。

だから、天は汝の内にありとなるわけです。

その大生命のことを大天というわけです。

肉なる我が生命の我に帰ることを、天に帰るというのです。

いつ帰るのですか?今ですよ。

今即天、今即生命なんです。

すなわち、今即神なんですね。

修行して、神になった人はいまだかつてひとりもいません。

みなさんは、はじめから生命であり、今も生命であり、

未来永劫に生命なんです。永遠の生命ですから。

生命には、新しいとか古いとかいったものは、ないんです。

古い生命、新しい生命というものがありますか?

だから、真理には、古い真理、新しい真理というのは、ないんです。

神は生命は、すべてに宿りたもう。

神はすべてに宿りたもうというのは、その意味なんです。

生命は神なんです。

だから神、我が中にましますと。

人間は一秒間も神から離れることはできないと。

生命から離れることはできないんです。

だから、存在の本源は、神であると。すなわち、生命であると。

生命イコール神です。

神イコール生命なんです。

で、それが我なんです。

だから、我生命なりなんです。我人間なりではありません。

もう最大の敵は自分を人間だと思っていることなんです。

わたしは人間だと思っている人のことを悪想念、盲信家、

狂信家というんです。あなたは人間ですか?生命ですか?

人間というのは、生命がまとっている衣装にしかすぎないのです。

人間は、生命の操り人形であると。

それを操っている生命があなたから抜けたら、これは死ですよ。

何もできません。だから、皆さん方は、この肉体衣装をいかに、

盲信、狂信している、これが本当に歯がゆくて仕方がないんです。

自分は、肉体、個人、形。何を言っているんだと。

ぱちんとやりたいくらいですよ。やりたいんだけど、仕方がない。

自由意志ですから。

何を言っているんだ、何で嘘をつくの?と言いたいんだけど。

だから、わたしは肉体という、これを肉体を自分と見ている人の

ことを盲といいます。

宇宙生命を自分と見ている人は、目開きなんです。

開眼したというんです。

だから、盲目の人生というのは、生涯、その姿、形を自分だと

見て終わることを、盲目の人生というのです。

生命を見よであって、肉を見よではないのです。

だから、外を見るな、内を見よ。

この生命は内なる自己、肉は外なる自己。

どちらが、本物ですか?

生命の自分と、肉の自分と?

本来の自分に帰ることを天に帰るというのです。

で、その生命は汝の内にありですから、天は汝の内にありと。

だから、宗教家が説くような天は、どこにも存在しません。

嘘つきであると。これを盲の指導者、偽りの指導者というんですね。

(明日に続きます)
--------------------------------------------

今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


生命は天、肉体は地 | 【2006-03-05(Sun) 07:18:45】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でリンクされていたので見にきちゃいました。また見にきます!
2006-03-05 日 23:24:50 | URL | misato #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。