プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
我は真理なり(4)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。

---------------------------------------------------

それを日々の生活の中に、活かし、皆さん自身が、生きてこそでは

ないでしょうか?

今のように、金がすべてだ、物質がすべてだ、富がすべてだ、

もちろん、わたしはそれを否定するものではありません。

肉体という衣装を与え生かされていくわけには、いい食事を決して、

粗末に扱うことはできません。

しかし、今までの我々の教育というならば、ただいい食事を

するための教育でしかなかったではないでしょうか?

もう、子供たちが学校から帰れば、今度は何時から何時まで、

どこの塾だ、今度はどこだ。何のために。

いい高校、いい大学を卒業してもらいたい。

ただ、それだけならばいい。

じゃ、いい大学を卒業して、どうするのかといえば、いい職に就け、

多額な給料を得るように。

では、それは子供たちに、無所得、無条件の愛では、

ないではないでしょうか?

我々は、子供たちを本当に教育していくためには、無所得、

無条件の愛で、我々は育ていかねばなりません。

その一人一人の役割は違います。

必ずしもいい大学を卒業して、いい職について、多額な給料を得る

ための肉体存在の目的ではありません。

神が創造した以上に、素晴らしい住みよい地球という環境に導くために、

一人一人が様々な役割を与え生かされていることを知ってもらいたい。

だから、どんなに地位、金、名誉、物質に満たされても、

愛のない心で、だから、この1ヶ月か前に、神はわたし自身に、

あなたがたが、どんなに美しい花々を祭壇に整えたところで、

高価な果物を供えたところで、いっこうに嬉しくないと言われました。

なぜならば、愛のない心で、どんなに着飾ったものを、

供え上げられても、嬉しくもないと言われます。

あなたがたが、わたしに供えてほしいのは、一点の汚れ、曇りのない、

愛の心から、供えてほしいと言われてました。

もちろん、あなたがたが、真実なる愛をわたしに供える中に、

花々をというならば、わたしはそれは喜びます。

しかし、どんなに美しい花々や高価な果物を供えられても、

愛のない心、慈悲のない心、で、一点の愛のない心で、

一向にうれしくないと言われます。

あなたがたが供えてほしいのは、真実一点の偽りもない、嘘のない、

絶対なる愛の心から、愛をささげてほしいと。

で、その愛を万物に供えてほしいと。

ならば、この世界や社会は、今、即素晴らしい、ユートピア世界が、

今、築かされていくことになるだろう。

だから、今のように、我々が、どんなにいい大学を卒業したところで、

ほーれ、みなさん、見てください。

あのオウム真理教の麻原教祖の下で働いて、動いた方々が、

いとも簡単に人を殺しあったのも、あの方々は、医学の面にしても、

科学の面にしても、本当に大学を優秀なトップの成績で、

卒業した方々ではなかったではないでしょうか?

じゃ、学問とそれが、心とは、何の関係もないことを知ることが

できるではないでしょうか?

もちろん、学問もあって、心もあるというならば、その学問を

世のために、人のために、最高にいかしきれるのならば、

それは最高に素晴らしいこと。

だから、神がわれわれに原子とか電子とか、様々なものを与えたのも、

わずかな小さなもので、莫大なエネルギーを放出し、世のためにも

人のためにもいかせるといったにもかかわらず、それを愚かなる者は、

その力を、地球の破壊のために、目に見えるもの同士の破壊のために、

原子爆弾とか、電子爆弾とかを作ったりして。

だから、わたしは、常に言います。

心が伴っていない物質文明の栄えは、世を滅ぼすんだと。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。






スポンサーサイト


我は真理なり | 【2006-03-21(Tue) 14:52:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。