プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
我は真理なり(6)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。

---------------------------------------------------

わたしの自慢話ではありませんが、ホテルに泊まっているときに、

かぎは一つ一つ違い、100の部屋があっても絶対にひとつしか

あけられないといわれているのが、ホテルのキー。

で、わたし自身が間違って、自分自身のかぎで、北海道のホテル

のことですが・・。

わたし自身の思いは、わたし自身が差し込むかぎは、どこでも開く

という思いしか、疑いもしないし、絶対に開くという思いしかない。

で、わたしの部屋は3階。

で、5階の部屋がいとも簡単に開いてしまったこと。

で、わたしがそう言ったならば、嘘をつけと。

ひとつのかぎで二つの部屋が開くわけがないではないかと。

絶対開くはずがないんだと。

で、わたしは305の部屋。

で、503を間違えてあけてしまったんです。

したならば、わたしはいつでも、どこに寝るにも、必ずそのベッド

と持ってきたバッグは、完璧に片付けてから、わたしは出かける

ようにしているんです。

いつどういう状態があっても、いつでもバッグは持ってかえれる

ように、小さいときからの癖でそうしているのです

いつでも、完璧に自分の部屋は、完璧に整えておくようにしておく。

いつでも、片付けておく。

しかし、503をあけてみるならば、ベッドの上は、若い女の子なのか、

散乱しており、もう下着がいっぱいになってまして、わたしは

びっくりしました。

どこに間違えてきてしまったのかと。

冗談ですが地獄にでも来たのかなと。

で、かぎの札を見てみるならば、503になっていたんです。

305が私の部屋。

503をあけてしまったんです。

だから、人間が作り上げたものは、必ずいい方向に使えるか、

悪い方向にも使える。

だから、イエス様は、心伴わない真理は、破壊の方向へ

破壊の方向へ使い下すと言われたではないでしょうか?

だから砂の上に立てた教会はもろい。

右から風がくれば左へ。左から風がくれば右へと。

いとも簡単に崩れさっていくだろうと。

で、岩の上に立てた教会は強し。

で、それは完全なる宇宙真理を世に示していくことができるだろうと。

じゃ、岩の上、砂の上と説いたのは、一番大切な基礎である心を

説いたではないでしょうか?

で、教会という窓際の教会は、砂の上に教会というのならば、

それは真理を指しているではないでしょうか?

だから、心が美しく磨かれてこそ、真理は、世のために人のために、

生かすことができるんだと。

だから、お釈迦様も安易な瞑想を与えたんではないんだと。

何日も何週間も何ヶ月もかけて、徹底して、正しく見れるあなた。

正しく思うあなた。

と、正しく生きるように、この八正道というものを与えて、

正しく見、思い、語り生きれるようになって、

それを心磨いたとき、そこに内観というものを教えたでは

ないでしょうか?

だから、今の瞑想グループは、心も伴わない、心も教わっていない、

即瞑想せよ、即内観せよと。

で、挙句の果てにつながったのはどこでしょうか?
幽界とつながって憑依を受け、気違いになったものをわたしは

いくつも見てきました。

だから、明想という大切さ。

みなさんが本当の明想を理解して、明想を正しく使うことが

できるのならば、わたしはこう言います。

明想の大切さ、明想の素晴らしさを知るでしょうと。

しかし、あらぬ方向にその明想を使いいかせば、まったく逆の方向

からみなさんは、幽界の憑依を受けて、気違いになったり、

混乱してみたりと。

だから、あくまでも明想は、世のために人のために生かし

いける自分であるために、

常に神との一体感であってもらいたい。




--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

25:48
スポンサーサイト


我は真理なり | 【2006-03-30(Thu) 01:25:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。