プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
愛の伝導体(4)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。

---------------------------------------------------

しかし、自分で自分というものはどうでしょうか?

にぎれば針先一点ともなれるし、広げれば、無限大とも広がります。

で、高きその神の位置にも我々は到達することが出来ましょう。

しかし、落とせば、また万物のこの低長といわれた動物よりも

まだ、最低な自分にも落とすことが出来るではないでしょうか?

だから、己と未来は、どうにでも変えることが出来ること。

しかし、過去と誰彼は、どんなにもがいても変えることが出来ぬと

言われます。

その本人が、今までの悩み、苦しみ、不調和の生き方から、

で、正しい生き方に変えて、神の域まで到達するんだという

自らして、目覚めて努力していかぬ限りは、そこに至ることはできぬ

ではないでしょうか?

だから、自縛とは、自らが縛ると書くことであって、誰彼が縛る

とは書きません。

誰彼が我々を縛っているのならば、その縛っている相手が我々を

自縛から解き放つ責任があることでしょう。

しかし、己を縛っているのは己自身であるがゆえに、自縛と

書きます。

で、自縛を解き放てるのは、悩み、苦しみ、病、不調和、一切の

仮相的なものから、解き放つことが出来るのは、己自身しかいない

と申します。

だから、みなさんが縛った己を責任もって、みなさん一人一人が、

自縛から開放する事を、我が救い主は、我が中にいることであって、

一点の狂いなき答えを与えきれるのは、みなさん、一人一人の中に

内在している真我であって、宇宙真理であって、外なる誰彼でも

ないといいます。

60何億の迷っているものに、みなさん、正しい答えを求めた

ところで、60何億の誰が、答えを与えることが出来ましょうか?

しかし、一点の狂いなき答えを与えきれるのは、みなさん一人一人の

中の内在の真我、宇宙真理と申します。

で、その真我こそに答えを求めるのならば、もうみなさんが、どこに

歩むものも光という道をみなさんに示してくれるではないでしょうか?

我が救いを外に求むるなかれ。

我が救いは、我が内にあり。

で、我が答えを道を外に求むるなかれ。

皆さん自身に光の道を示しきれるのは、みなさん一人一人の中に内在の

真我こそであることを、みなさん理解してもらいたい。

そのために我々は、明想という手段を通して、常に真我一体という

大海にしみる一粒の滴。

で、分離していた一粒一粒の滴なるあなたがたが、無限という大海を

認めて、その大海の中に融合しいくことが、これが最高な明想状態と

言えるではないでしょうか?

何のために明想しましょうか?

ただ、誰がも示さないその能力欲しさに明想するのかと。

で、その得たその能力を自慢するために、で、また金儲けのために、

そうならば、そのものが、せいぜいそのバイブレーションが、

波長あわすところは、幽界という迷いの世界だろう。

で、そこから憑依を受けて、苦しみ生きるほかないだろうと。

わたしは、さんざん見てまいりました。

だから、その憑依なるものを捉えて、こう語ったとき、

このものの肉体を支配するものよ、このものから出て行けと。

このものの肉体はあなたが使うべきものではないから、

今即離れよというならば、私が勝手にこのものについたんでは

ないんだと、このものに引っ張られて、このものに呼ばれて、

私はここにいるんだと。

だから、その憑依を引っ張ったのは、誰なのか?

それは自分自身ではないでしょうか?

だから、皆さんは、愛を引き寄せるも、で、破壊的なものを

引き寄せるのも、すべて、送信受信は、みなさん次第。

原因と結果は、皆さん次第。

蒔いた種は、自らが刈り取ると言っているではないでしょうか?

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


愛の伝導体 | 【2006-04-03(Mon) 23:09:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。