プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
愛の伝導体(10)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

講話をそのまま掲載させてもらいます。

---------------------------------------------------

何て今まで、肉体という肉体を無視して、ただその、神だ、仏だ、

それだけを追い求めてきたのかと?

あの無駄する時間、浪費した時間がなければ、もっと私は、

幸せだっただろうと。

そう、訴えたではないでしょうか?

だから、我々は、どこにも偏り生きることなく、常に霊と肉体とは

一つなり。

常に天という見えないものと地という結果は、常に一体なり。

原因と結果は常に一体ではないでしょうか?

どこを捉えても、アンバランスで、不調和で生きるのではなく、

常にバランスで生きよと。

だから、この大宇宙のバランスを我が物として、悟り得たもの、

で、この大宇宙のバランスを愛のキリスト、慈悲の仏陀と言っている

他ありません。

じゃあ、キリストとは何ぞや?

イエス様の名前がキリストなのかと。

皆さん一人一人の内在の真我を我として、バランスとして生きている

ことが、この大調和そのものが、これがキリストです。

大調和そのものが、これが仏陀そのものです。

キリスト、仏陀は、今即、皆さん自身が、バランスさえ取れれば、

で、調和さえ出来れば、皆さん一人一人が、真我キリスト。

真我仏陀と言えるではないでしょうか?

だから、いつでも、みなさん、そのバランス、いつでもその調和、

で、その特許を皆さんに与えられていること。

そのために我々は、今日の一日、皆さん、生かされた目的であって、

不調和で生きよではありません。

苦しみ悩み、生きよではありません。

愛という種を蒔き、常に大調和、大バランスの中に、無限の幸せ、

無限の喜び、無限の幸福を生きよと、皆さん自身の目的であって、

決して、苦しみ生きよとは訴えられていません。

私、神が幸せであるように、あなたがたも幸せで生きよと。

で、あなたがたが、幾転生という人生の課程を通して、背負ってきた

思い癖、悪習も、お荷物も、私の元に来さえすれば、すべての荷物を

投げ下ろしてあげましょうと。

神は、ここまで愛深きもの。

ここまで、神は、慈悲深きものではないでしょうか?

だから、どんなに、皆さんが、神を罵っても、怒っても、裁いても、

常に神は、みなさんを許し給う。

常に神は、無限にみなさんを愛し給う。

ほーれ、私のように、肉的な肉我の私が、もう小さいときから、

もう言葉も思いも表現も、もういいこと一つもない。

で、悪いことをして、とことん、そのお父さんにそこに罰せられても、

もう二度と明日からしませんと言いながら、で、翌日もまた同じ事。

で、とうとう、お父さんに言われたことが、おまえは鳥の脳みそかと。

今日はしたたか反省して、明日から再び二度としませんと言いながら、

また同じ事をしでかす。鳥の脳みそか、おまえはと。

常にそう言われてきて、あれほどの破壊的な破壊的な生き方をしてきた

私でも、ここまで、神は辛抱強く、愛見守り、常に慈悲で、ここまで、

引っ張ってきてくれたではないでしょうか?

だから、私にとっては、その体験者であるがゆえに、もう、一時

たりとも、神に感謝せずにはいられません。

もう、地獄の真っ先だったでしょう。

これ、私のお母さんが、霊媒師であるあのユタの前に行ったならば、

必ず、出てきた言葉は、私長男ですから、おまえの長男は、もう絶対に

地獄行き。あれ、いいこと一つもない。必ず、地獄にまっさかさまに

落ちていくだろうと。

もう、いつどこのユタを訪ねても地獄、地獄、地獄しか出てこなかった

こと。

だから、もう、本当にその一歩手前に立ってたかも分からない。

なぜならば、私が見る夢は、常に高い崖から落ちる夢。

で、その夢も、自分自身の生き方の結果、あの夢を見せられて、

本当に地獄のどん底に立っていたかも知れない。

しかし、今の見る夢は、自分自身の運命を変え、人生を変えたが

ゆえに、どういう夢を見ましょうか?

常に皆さんと愛分かち合っている夢。

常に光話の中で愛語り合っている夢。

で、幽界でも会い語り合っている夢。

あれほどの崖から飛び落ちる最悪のどん底の地獄から、天国へと、

自分を変えることができたではないでしょうか?






--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


愛の伝導体 | 【2006-04-10(Mon) 23:20:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。