プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
真の自分について(1)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

覚者の講話をそのまま掲載させてもらいます。

(1987.09.10より)

---------------------------------------------------

今日は、真の自分についてご説明したいと思います。

私たちには、真我と偽我というものがあることを知っておられますが、

真我というものは、どこに存在するかと言いますと、なかなか

知らないのでございます。

真我の存在するところは、神界と言いまして、完全なる界層に、

私たちの真我は存在するわけです。

そして、真我というのは、完全無欠であり、実相そのもので

あるわけです。

で、私たちが今、この3次元に映し出されているのは、偽我と

言いまして、映しの、仮相の世界。そして、これを仮相といいまして、

私たちは、その実相を、自分の実体を知りませんので、普通の一般人は、

この仮相の世界に、肉体というものを現しておりまして、その肉体を

我だと思うようになってしまって、実相である我々の神の世界の、

本来の自分というものを実体を忘れているわけです。

本来は、この実相をこの世に映すべき存在でございます。

私たちの肉体を通しまして、その真実なるもの、真我そのものを、

私たちは、この肉を通して、この世に完全さを表現するために、

人間は3次元に創造されているわけです。

しかし、本質的自分を忘れてしまって、現象我といいまして、

映しの世界に目が眩んでしまって、自分の本来の姿を完全に

見失っているわけです。

本来は、この実相が、そのまま私たちに映って、完全なる現われとして、

この地上界に現れなくちゃならない。

しかし、今、完全に自分の実相を現している人間は、ほとんど

いません。

ほとんどが現象我といいまして、映されたその形体、形、目に見える

もの、仮相に目がくらまされてしまって、そこで物事を判断して

日常生活をしてしまって、自分の実体を私たちが、この肉体が表現

しなくなったわけです。

それを神からの分離。だが、本来は分離はないわけです。

私たちに、この世に創造物として現れている肉体。

本来、なぜ肉体というものが、この世に存在するのかと言いますと、

この実相たるものを、神そのものを、この世に映さんがために、

真実なるものを映さんがために、この世に、私たちは肉体を創造

しています。

だけど、普通の一般人の方々は、自分の実体がどこから来たものか、

自分の本質がどこにあるのかわかりません。

そのために私たちは、肉をあるいは物質を見て、考えて、思考して、

そこで苦しんでいるわけです。

皆さんの実相は一度だって、苦しんだことがなければ、病気に

なったこともない、何もない存在でございます。

しかし、この世に映された人間は、生まれてきますと、周囲の人が

みんな、偽我という仮相の世界に、目が眩んでしまっている無知の

世界に生まれてくるわけです。

この地上界のことを無知の世界といいます。

あの世は知恵の世界なのです。

で、我々は本来は、知恵そのものであり、力そのものであり、愛

そのものであり、完全なる神の実相を現していますけども、

この3次元に現れてきますと、肉我というその現象我に目がくらんで

しまって、私たちの本来の真我というものを見失ってわけです。

だから、世の中にはさまざまな人がいるわけです。

多く実相を表現している方もいます。

心のやさしい人、慈悲深い人、愛深い人、そして行為が正しい人は、

何パーセントか実相を現しているわけです。

世の中には熟した魂と熟していない魂がいると、私はよく言います。

熟していない魂というものは、完全にその実相から遠く離れた姿、形を

現している人。憎しみ、怒り、嫉妬、もう自分ごとしか考えない。

自己中心的、エゴ、それは完全に本来の姿から目が眩まされた無知の

存在。あるいは未熟な魂。

みなさんは、何回も転生、輪廻を繰り返されるうちに、自分の実相

たるものを知るようになるわけです。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。


スポンサーサイト


真の自分について | 【2006-04-22(Sat) 20:28:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。