プロフィール

諒

Author:諒
■少しでも多くの人に愛にて生きることが幸せにつながることをお伝えしたく、また真の自己に目覚め生きることを共に学び、共に歩んでいきたいという思いで、このブログをはじめさせてもらいました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
美しい心(4)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

少々、この肉体が病んでいようが、それは関係ない。

一番大事なことは皆さん自身が、肉体の健康であることが大事なのか、

私は決して皆さんに病気になれという意味ではありません。

また、この現象という世界を無視せよ、粗末に扱いなさいという意味

ではありません。

生涯、我々が肉体的には健康、健康を維持して、肉体去っていった

ところで、真の自分を見失っては何の価値もないこと。

皆さん、よーくそこを理解して貰いたい。

もちろん皆さんが一生、この現象の世界を去っていくまで、健康で

あってもらいたいと私は願います。

決して病気で苦しみ生きよとは言いません。

しかし、まあ私は今生においてこの肉体というものに非常に恵まれて

いまだかって私は一秒この肉体病んで、横に倒した体験もないと

言います。

下痢一つ知らないと言います。

しかしその健康そのものが、我々の最高の目的なのか。

そうではありません。

例え私自身が肉体去るまで、この健康状態で去ったところで、

真の自分が神であることを見失っては何の価値もないこと。

それを無知、盲目、迷いの人生と申します。

決してただ肉体、肉体、肉体のみに皆さんは、振り回された一転生

であってはなりません。

この見える現象という諸々のものに振り回されて生きるあなた方に

なってはなりません。

今の世界、今の社会は、非常に誘惑の多い世界。

右を向いても左を向いても、前を向いても後ろを向いても、

様々な誘惑が皆さんを待ち迎えています。

肉体こそがあなた方なんだと。

で、形あるものがこれが実在なんだと。

イエス様がその一つ一つを完璧に退けたことを皆さんはよく理解して

もらいたい。

イエス様が四十日、四十夜、あの荒野でさまよったときに、もう何一つ

口にせず、空腹感が絶頂に達したときに、偽我そのものが、偽我からの

誘惑を受けて、貴方が神の子であるならば、貴方は神の最高の力を持って、

この辺に転がっている石ころをパンに変えてみよと。

そのように誘惑を受けたときに、人はパンのみに生きるにあらず。

人を通して生きているのは命ではないのかと。

人を通して生きているのは神の命であって、パンのみで生きているのでは

ないんだと、そのように偽我そのものを追い払ったではないでしょうか。

つまり、イエス様が言われた「サタンよ、我が後ろにて退けと」

次に誘惑を受けたのは、この現象という見える世界で、見えない霊的な

王になるよりも、私にひれ伏せるならば、あなたにこの現象という世界

の王という特権を与えるから、私にひれ伏せてみよと言われたときに、

どんなにこの世の宮殿や神殿が与えられても死後の世界まで持ち帰ること

も出来ない、影、幻、幻影であるが故に、いつかは朽ち果ていくもの、

真実なるものではないんだと。

そのように神、私の他に神があってはならぬと。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

実際の光話をお聞きになりたい方は、「愛の伝燃」

をご覧下さい。



多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





美しい心 | 【2007-04-02(Mon) 00:27:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
美しい心(3)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

1ヶ月前か、私の夜中の明想中です。

あなた方は真我というその天船を差し向けているにもかかわらず、

なぜ天船に乗ろうとしないのかと。

常に肉体という肉体船に支配されて、この肉体船が私だという

錯覚で、なぜ偽我そのものに振り回されて悩み、苦しみの

一転生を終えていくのかと。

天船に乗りさえすれば、今即皆さんは無限という至福に、その岸辺に

私はあなた方を案内することが出来るではないのかと、神はそのように

訴えます。

今、私が明想するたびに、どういう思いが自分自身の意識からこみ

あげてくるのかと。

天船に乗りし我。

二度と再びこの世の波に呑まれることはないと。

じゃあ、もういつでも喜び、いつでも微笑み、いつでも至福を味わい

生きるという意味ではないでしょうか。

我、この世の影、幻、幻影という仮相世界を超越したものであると。

だから私にとっては悩み、苦しみ、不調和、病、過去のものにしか

過ぎぬと。

ここに天船に乗るまでのあるいはまた無限という至福に到達するまでの

単なる方便にしか過ぎなかったことを知るが故に、もう遠い遙か過去

の存在。

だから私にとっては一分一秒過ぎ去れば、それは過去の過ぎ去った思い出

にしか過ぎぬではないのかと。

まだこの未来は希望にしか過ぎぬではないのかと。

だから我々が一番大事なことは、実在というこの瞬間を皆さんが生きる

ことです。

皆さんがこの瞬間というこの実在を知ることが出来るならば、無限と

して愛であり、無限として知恵であり、無限として力であり完全そのもの

であることを知るでしょう。

なぜならば、この一瞬という実在こそがこれが普遍的な無限としての

あなた方、これこそが全てであるからと。

皆さん、過去の時間を使えましょうか。

未来の時間を使えた者がいたでしょうか。

我々が使い生きることが出来るのは、この一瞬という実在でしかない

ことを知って貰いたい。

この実在というこの瞬間こそが無限です。

完全であり、愛であり、神こそと言えて皆さん自身が、理解して

もらいたい。

皆さん明想される時に、過去を見つめて明想しましょうか。

未来を見つめて明想しましょうか。

今のこの一瞬という実在を見つめてるではないでしょうか。

なるが故に、皆さんは汝、既に神なり。

汝、既に仏なり。

今から滝行、断食、難行苦行ではありません。

難行苦行悟りにあらず。

滝行しようがするまいが、断食しようがするまいが、皆さん自身の

本質である宇宙真理は今実在として、永遠に変わることはありません。

だから今の一瞬に生きよと。

今の一瞬を皆さんが美しく正しく生きることが出来るならば、誰もが

至福の中に満ちていくだろうと。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

実際の光話をお聞きになりたい方は、「愛の伝燃」

をご覧下さい。



多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





美しい心 | 【2007-03-31(Sat) 00:19:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
美しい心(2)

多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

皆さんは精神的な悩み、苦しみ、肉体的な病いを含めて、不調和と

言います。

不調和で皆さん、苦しみ生きる必要があるでしょうか。

それは宇宙法則という愛からずれた結果、神から分離した結果が

不調和をきたした他ない。

で、そのように幾転生という人生の過程を通して、真の自分に

目覚めよと。

色々な方法で目覚めのチャンスを与えたと。

皆さんの悩み、苦しみ、病気とて、それは大きなチャンスではない

でしょうか。

なぜなんだろう、偶然に病気が存在しているではありません。

偶然に悩み、苦しみが皆さんに与えられているものではありません。

それを通して、真の自分が何たるかに目覚めてもらいたい。

自分とは一体全体何者なんだろう。

なぜ、このように苦しまねばならぬのか。

なぜ、悩み、苦しみ、不調和に支配されていかねばならぬのか。

それをただきっかけとして皆さん自身が、無限という大海の中に

錨おろせるまで、それは続いていくだろうと。

で、私がそのようにまさか、癒してあげることが愛であって、何を

癒すなと言うのかと。

ならば、その守護霊は私に、この者の一転生という人生を見せて

くれたこと。

まだ、その意味分からぬのかと、まだ知らぬのかと。

その者はこの病を通して本来は自らを追求して、真の自分が神である

ことに目覚めるチャンスは与えたにしかすぎぬと。

しかしその者にはどんな方法をもってしても今生は、光一つも見えない。

例えば、その一転生という人生を見た時に、放つ言葉全部破壊、

もう皆さん自身が想像も出来ぬほどの破壊的な言葉、馬鹿かきちがいか、

死ねなど、思いもその通り、表現は酒を飲んできて奥さんや子供達を

殴ったり蹴ったり、浮気はするわ、博打はするわで、光一つも見えない。

じゃあ今、四十才でこの肉体去ってくれれば、来世に肉体を持つときに

四十才までのその罪は、まだ修正もしやすいではないのかと。

しかしあなたがその病を癒して、プラス四十才生かして八十才、とうとう

そのカルマに押しつぶされて、容易にカルマを刈り取りづらくなるでは

ないのかと。

その位も分からぬのかと言われたときに、その時から私のヒーリングは、

決してただ肉体、病を癒すことがヒーリングではないんだと。

本当に皆さん自身の目覚めのために、魂を揺さぶることが出来ぬ限りは、

本当のヒーリングはないということにあのときに私気付きました。

皆さんも真我という天の船、天船に乗りさえすれば、今即無限という

至福の中に錨おろすことが出来るではないでしょうか。


--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

実際の光話をお聞きになりたい方は、「愛の伝燃」

をご覧下さい。



多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





美しい心 | 【2007-03-29(Thu) 23:16:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
美しい心(1)
多くの人がまた自分自身が真の自分に目覚め生きることを思い、

光話をそのまま掲載させてもらいます。


---------------------------------------------------

我々が神聖火花を灯して本当に世界を変えていきたいならば、一人一人が

責任を持って自らの心を磨いて貰いたい。

皆さん、神から与えられた心が初めから汚れ、初めから曇ったと

言いましょうか。

それは幾転生という人生の過程を通して旅することにおいて、皆さんが

自ら諸々のものへの執着、恨み、ねたみ、そしり、怒り、嫉妬、裁き、

それで自らを汚してきたことを知って貰いたい。

じゃあ、誰彼に私の心を磨いて欲しいと言うのかと。

誰が皆さんの心を磨かなければならぬのか。

責任持って自ら磨いていってもらいたい。

だから今日の一日24時間は、人を恨んだり、ねたんだり、そしったり、

怒ったり、嫉妬をするための今日の一日ではありません。

曇りなき心にすべてを美しいものを写し見るためではないでしょうか。

曇りなき心に美しい姿。

心清き者よ、幸いなり。

その者は、行く場所、おる場所で、常に世に幸いをもたらすことが

出来るだろうと。

しかし、心貧しき者よ災いなり。

朝に昼に晩に、もう語る言葉、病気、ネガティブ、破壊的な事、

何て幸いなる者かと言えましょうか、災いなりと。

だから、私がこれは沖縄での体験。

今まで私自身が何十何年間は、病んでいる肉体を病んでいる人間を

癒してあげるのが最大の愛と勘違いしていた当時、もう触ればどんな

病気でも癒えます。

今日に明日にも駄目と言われたガンでも癒えていきます。

なぜならば、神の力をその肉体癒しに注いでいた当時、もう百メートル、

二百メートル離れたところから、指一本向けさえすれば、どんな

ガンでも癒えたし、医者から原因不明と言われた病もすべて癒えました。

ある時、それはある方の守護霊に私、気付かさせられました。

今から二十五、六年前か、あの当時、四十前後の男性の方が、ガンを

癒して欲しいと私の事務所を訪ねて参りました。

で、私はそれを癒すことが最大の愛だと、最高の愛だと錯覚して

いますから、即癒してあげようかと後ろに立ったところ、その方の

守護霊が私はこの者を守護するものであると。

この者癒してはいけないと。

何を言うのかと、相手の病んでいることを助けてあげることが愛

ではないのかと。

あー、これはこの者の守護霊と言うが、私を振り回すために悪霊が

来たんだと私は錯覚しました。

何を言うのかと、反発さえしました。

病んでいる者を助けてあげることが、苦しんでいるものを癒して

あげることが、これが愛ではないのかと。

まだ、その意味分からぬのかと。

幾転生という人生の過程を通して、真の自分に目覚めてもらいたいと、

皆さんが真の自分に目覚め見てみてください、宇宙真理として。

宇宙法則は絶対愛です。

絶対神です。

宇宙法則は絶対完全です。

じゃあ皆さんが我は真理なり、我この大宇宙に遍満する宇宙法則

そのものと皆さんが理解してみて下さい。

--------------------------------------------


今日もこのような話を書かせて頂けることを

神に感謝いたします。

実際の光話をお聞きになりたい方は、「愛の伝燃」

をご覧下さい。



多くの人が愛の表現体とならんことを。


多くの人が真の自分に目覚め生きることを。

↓↓↓

精神世界ランキング





美しい心 | 【2007-03-29(Thu) 00:14:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ
スピリチュアル
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。